ミヤマアカネ 広島大学東広島キャンパス

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ミヤマアカネ

ミヤマアカネの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 1, 2020)

ミヤマアカネ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Sympetrum pedemontanum

分類

  • トンボ科 Libellulidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州.

解説

  • 緩やかな細流や大規模な河川などで見られる.
  • 前後翅のやや後方に褐色の太い帯をもつ.
  • オスは成熟すると全体的に赤化する.
  • 東広島キャンパスでの個体数は極めて少ない.

備考

参考文献

  • 尾園 暁・川島逸郎・二橋 亮. 2012. ネイチャーガイド 日本のトンボ. 531 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ミヤマアカネ