「ミノウスバ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
2行目: 2行目:
  
 
[[ファイル: 20181031ミノウスバ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_24212s.JPG|200px|thumb|right|ミノウスバ成虫(オス).腹部末端には黒い毛束がある.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 31, 2018)]]
 
[[ファイル: 20181031ミノウスバ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_24212s.JPG|200px|thumb|right|ミノウスバ成虫(オス).腹部末端には黒い毛束がある.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 31, 2018)]]
 +
[[ファイル: 20201112ミノウスバ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_165783s.jpg|200px|thumb|right|ミノウスバ成虫(オス).腹部を反り上げて威嚇する.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 12, 2020)]]
 
[[ファイル: 20191102ミノウスバ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_89382s.jpg|200px|thumb|right|ミノウスバの成虫(オス).晩秋に見られるマダラガ科のガである.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 2, 2019)]]
 
[[ファイル: 20191102ミノウスバ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_89382s.jpg|200px|thumb|right|ミノウスバの成虫(オス).晩秋に見られるマダラガ科のガである.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 2, 2019)]]
 
[[ファイル: 20191106ミノウスバ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_900071s.jpg|200px|thumb|right|ミノウスバの成虫(メス).卵はメスの腹端の毛で覆われる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 6, 2019)]]
 
[[ファイル: 20191106ミノウスバ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_900071s.jpg|200px|thumb|right|ミノウスバの成虫(メス).卵はメスの腹端の毛で覆われる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 6, 2019)]]

2020年11月16日 (月) 21:46時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ミノウスバ

ミノウスバ成虫(オス).腹部末端には黒い毛束がある.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 31, 2018)
ミノウスバ成虫(オス).腹部を反り上げて威嚇する.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 12, 2020)
ミノウスバの成虫(オス).晩秋に見られるマダラガ科のガである.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 2, 2019)
ミノウスバの成虫(メス).卵はメスの腹端の毛で覆われる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 6, 2019)
産卵を終えている2匹のミノウスバの成虫(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 31, 2018)
ミノウスバの幼虫.マサキマユミからぶら下がる姿がよく見られる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Apr. 15, 2020)

ミノウスバ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Pryeria sinica

分類

  • マダラガ科 Zygaenidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州.

解説

  • ニシキギ科のマサキマユミなどを食樹とするため,人家や公園でも見られる.
  • 腹端には長毛の毛束があり,メスは卵をこの毛で覆う.
  • 東広島キャンパスでの個体数は多い.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ミノウスバ