ミチバタナデシコ

提供: 広島大学デジタル博物館
2024年4月23日 (火) 09:16時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > デジタル自然史博物館 > 植物メインページ > 郷土の植物 > 維管束植物 > ミチバタナデシコ(イヌコモチナデシコ) | 広島県の植物図鑑 / 和名順

ミチバタナデシコ Petrorhagia nanteuilii (Burnat) P.W.Ball & Heywood

その他

  • Petrorhagia nanteuilii (Burnat) P.W.Ball et Heywood(広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会 1997で採用.)
  • イヌコモチナデシコとされていたものがPetrorhagia dubia (Rafinesque) G. Lopez & Romoであることが報告され,新称和名「ミチバタナデシコ」が提唱されている(中村(2015a)および中村(2015b)).

分類

維管束植物門 Tracheophyta > 種子植物亜門 Spermatophytina > 被子植物上綱 Angiospermae > モクレン綱 Magnoliopsida > ナデシコ上目 Caryophyllanae > ナデシコ目 Caryophyllales > ナデシコ科 Caryophyllaceae > イヌコモチナデシコ属 Petrorhagia

旧分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > ナデシコ科 Caryophyllaceae > イヌコモチナデシコ属 Petrorhagia

解説

沿岸部に稀に帰化.

ノート

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 呉市大新開(yy-8382),東広島市原(hh-5787)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 15052
  • 帰化

文献(出典)

  • 太刀掛(1982),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997),太刀掛(1999)

引用文献

インターネットリソース


広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > デジタル自然史博物館 > 植物メインページ > 郷土の植物 > 維管束植物 > ミチバタナデシコ(イヌコモチナデシコ) | 広島県の植物図鑑 / 和名順