「ミシシッピアカミミガメ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
 
(1人の利用者による、間の24版が非表示)
1行: 1行:
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/digital.htm 広島大学デジタル博物館] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~main/ デジタル自然史博物館]</span>
+
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[郷土の動物|郷土の動物]] > [[広島県の爬虫類]] > [[ミシシッピアカミミガメ]] | [[広島県の動物図鑑]] / [[広島県の動物図鑑/和名順/ブロック|和名順]] にもどる</span>
[[ファイル:20150602ミシシッピアカミミガメ(成体)三原市明神池田撮影IMG_1217.JPG|200px|thumb|right|水面に浮かぶミシシッピアカミミガメ(成体).(広島県三原市沼田東町; 撮影: 池田誠慈, Jun. 2, 2015)]]
+
 
 
[[ファイル:20150619ミシシッピアカミミガメ(成体)三原市沼田東町池田撮影IMG_1629.JPG|200px|thumb|right|ミシシッピアカミミガメ(成体)の側頭部.和名の由来となった赤い模様が顕著.(広島県三原市沼田東町; 撮影: 池田誠慈, Jun. 19, 2015)]]
 
[[ファイル:20150619ミシシッピアカミミガメ(成体)三原市沼田東町池田撮影IMG_1629.JPG|200px|thumb|right|ミシシッピアカミミガメ(成体)の側頭部.和名の由来となった赤い模様が顕著.(広島県三原市沼田東町; 撮影: 池田誠慈, Jun. 19, 2015)]]
 +
[[ファイル:20150602ミシシッピアカミミガメ(成体)三原市沼田東町池田撮影IMG_1217.JPG|200px|thumb|right|水面に浮かぶミシシッピアカミミガメ(成体).(広島県三原市沼田東町; 撮影: 池田誠慈, Jun. 2, 2015)]]
 
[[ファイル: 20150716ミシシッピアカミミガメ背甲三原市明神池田撮影IMG_2292.JPG|200px|thumb|right|ミシシッピアカミミガメ(成体)の背甲.甲は緩やかなドーム状.後縁に弱い鋸歯がある.(広島県三原市明神; 撮影: 池田誠慈, Jul. 16, 2015)]]
 
[[ファイル: 20150716ミシシッピアカミミガメ背甲三原市明神池田撮影IMG_2292.JPG|200px|thumb|right|ミシシッピアカミミガメ(成体)の背甲.甲は緩やかなドーム状.後縁に弱い鋸歯がある.(広島県三原市明神; 撮影: 池田誠慈, Jul. 16, 2015)]]
 
[[ファイル: 20150716ミシシッピアカミミガメ腹甲三原市明神池田撮影IMG_2293.JPG|200px|thumb|right|ミシシッピアカミミガメ(成体)の腹甲.淡黄色の地に暗緑色の複雑な斑紋が入る.(広島県三原市明神; 撮影: 池田誠慈, Jul. 16, 2015)]]
 
[[ファイル: 20150716ミシシッピアカミミガメ腹甲三原市明神池田撮影IMG_2293.JPG|200px|thumb|right|ミシシッピアカミミガメ(成体)の腹甲.淡黄色の地に暗緑色の複雑な斑紋が入る.(広島県三原市明神; 撮影: 池田誠慈, Jul. 16, 2015)]]
 +
[[ファイル: 20150905ミシシッピアカミミガメ(オス)三原市沼田東町池田撮影IMG_4156.JPG|200px|thumb|right|黒化したミシシッピアカミミガメのオス(左).オスは前肢の爪が長くなる(黒矢印).(広島県三原市沼田東町; 撮影: 池田誠慈, Sep. 5, 2015)]]
 +
[[ファイル:20180404ミシシッピアカミミガメ幼体_竹原市忠海東町_池田撮影_IMG_26735.JPG|200px|thumb|right|ミシシッピアカミミガメの幼体.甲羅が円い.(広島県竹原市忠海東町; 撮影: 池田誠慈, Apr. 4, 2018)]]
 +
[[ファイル:20191008ミシシッピアカミミガメ_東広島市鏡山_岩﨑撮影_DSC_0259s.JPG|200px|thumb|right|ミシシッピアカミミガメ(オス).捕まると口を大きく開けて威嚇する.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 岩﨑元道, Oct. 8, 2019)]]
  
 
= ミシシッピアカミミガメ ''Trachemys scripta elegans'' =
 
= ミシシッピアカミミガメ ''Trachemys scripta elegans'' =
18行: 22行:
 
> ミシシッピアカミミガメ ''Trachemys scripta elegans''
 
> ミシシッピアカミミガメ ''Trachemys scripta elegans''
  
== 解説 ==
+
==解説==
* 北アメリカから南アメリカ原産の外来種.
+
*北アメリカから南アメリカ原産の外来種.
* 本州・四国・九州・沖縄島・小笠原父島に定着.
+
*本州・四国・九州・沖縄島・小笠原父島に定着.
* 広島県では,市街地の公園の池や堀,河川に生息している.塩分の混ざる河口域でも見られることがある.
+
*広島県では,市街地の公園の池や堀,河川に生息している.耐塩性があり,塩分の混ざる河口域でも見られることがある.
* 甲は緩やかなドーム状で,背甲には弱い1本の隆条があり,後縁には弱い鋸歯がある.
+
*甲は緩やかなドーム状で,背甲には弱い1本の隆条があり,後縁には弱い鋸歯がある.
* 幼体は,頭部や四肢などの軟部と背甲がほぼ同じ黄緑色で,その地色に複雑な黄色の模様が入り,側頭部には鮮やかな赤色の斑紋が入る.そのため「ミドリガメ」と呼ばれペットショップで流通している.
+
*幼体は,頭部や四肢などの軟部と背甲がほぼ同じ黄緑色で,その地色に複雑な黄色の模様が入り,側頭部には鮮やかな赤色の斑紋が入る.そのため「ミドリガメ」と呼ばれペットショップで流通している.
* 腹甲は淡黄色の地に暗緑色の複雑な斑紋が入る.
+
*腹甲は淡黄色の地に暗緑色の複雑な斑紋が入る.
* 幼体の頃の鮮やかな体色は成長につれて徐々に退色・黒化し,斑紋も不明瞭になる.
+
*幼体の頃の鮮やかな体色は成長につれて徐々に退色・黒化し,斑紋も不明瞭になる.
* 成熟したオスはメスに比べて鼻先が突出し,前肢の爪が長く伸びる.
+
*成熟したオスは前肢の爪が長く伸びる.
* オスの尾はメスに比べて太く,総排出腔はより尾の先端側に位置するが,尾による雌雄の区別は[[クサガメ]]や[[ニホンイシガメ]]よりも難しい.
+
*オスの尾はメスに比べて太く長く,総排出腔はより尾の先端側に位置するが,尾による雌雄の区別は[[クサガメ]]や[[ニホンイシガメ]]よりも難しい.
* 幼体は主に水生昆虫などの小動物を食べ,成長すると水草などの植物も食べるようになるという.
+
*幼体は主に水生昆虫などの小動物を食べ,成長すると水草などの植物も食べるようになるという.
* 本種が由来とされるサルモネラ菌感染症が問題とされることもあるが,サルモネラ菌は本種に特異的に発生する細菌ではなく,他種のカメ類を含めた様々な動物が感染源となりうるものであり,本種のみが危険視されるべきではない.
+
*かつて要注意外来生物に指定されており,生態系被害防止外来種リストの作成により,総合対策外来種(カテゴリ:緊急対策外来種)に指定された.
* 本種に限らず動物全般は人畜共通感染症の病原体を体内に保菌している可能性があるため,むやみに水槽の外に出さない,触った後は手を洗う,飼育水を台所などで流さないなどの簡単な対策で感染を予防することができる.
+
  
 
== 天然記念物・RDB ==
 
== 天然記念物・RDB ==
* 日本の侵略的外来種ワースト100
+
*[https://www.env.go.jp/press/files/jp/26594.pdf 生態系被害防止外来種リスト]:総合対策外来種(カテゴリ:緊急対策外来種)
 +
*旧・要注意外来生物
 +
*日本の侵略的外来種ワースト100
  
 
== 慣用名・英名・広島県方言 ==
 
== 慣用名・英名・広島県方言 ==
40行: 45行:
  
 
=== 英名 ===
 
=== 英名 ===
red-eared slider
+
* red-eared slider
  
 
=== 広島県方言 ===
 
=== 広島県方言 ===
  
== 備考 ==
+
==関連ページ==
* [[広島県の爬虫類]]
+
*[[広島県の爬虫類]]
 +
 
 +
== 参考文献 ==
 +
* 比婆科学教育振興会(編). 1996. 広島県の両生・爬虫類. 168 pp. 中国新聞社, 広島. ISBN 978-4885172298.
 +
* 千石正一(編). 原色両生・爬虫類. 206 pp. 家の光協会, 東京.
 +
* 安川雄一郎. 1996. ミシシッピアカミミガメ. 日本動物大百科 5, pp. 61, 63. 平凡社, 東京.
  
== 文献(引用) ==
+
== インターネットリソース ==
* 比婆科学教育振興会(編). 1996. 広島県の両生・爬虫類. 168 pp. 中国新聞社, 広島. ISBN 978-4885172298.
+
*[https://www.env.go.jp/press/files/jp/26594.pdf 環境省. 我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト https://www.env.go.jp/press/files/jp/26594.pdf]
* 千石正一(編). 原色両生・爬虫類. 206 pp. 家の光協会, 東京.
+
----
* 安川雄一郎. 1996. ミシシッピアカミミガメ. 日本動物大百科 '''5''': 61 p. 平凡社, 東京.
+
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[郷土の動物|郷土の動物]] > [[広島県の爬虫類]] > [[ミシシッピアカミミガメ]] | [[広島県の動物図鑑]] / [[広島県の動物図鑑/和名順/ブロック|和名順]] にもどる</span>
* 安川雄一郎. 1996. ミシシッピアカミミガメ. 日本動物大百科 '''5''': 63 pp. 平凡社, 東京.
+
  
 
[[Category:動物]]
 
[[Category:動物]]
61行: 70行:
 
[[Category:ヌマガメ科]]
 
[[Category:ヌマガメ科]]
 
[[Category:広島県]]
 
[[Category:広島県]]
 +
[[Category:標準和名]]

2020年1月24日 (金) 16:59時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県の爬虫類 > ミシシッピアカミミガメ | 広島県の動物図鑑 / 和名順 にもどる

ミシシッピアカミミガメ(成体)の側頭部.和名の由来となった赤い模様が顕著.(広島県三原市沼田東町; 撮影: 池田誠慈, Jun. 19, 2015)
水面に浮かぶミシシッピアカミミガメ(成体).(広島県三原市沼田東町; 撮影: 池田誠慈, Jun. 2, 2015)
ミシシッピアカミミガメ(成体)の背甲.甲は緩やかなドーム状.後縁に弱い鋸歯がある.(広島県三原市明神; 撮影: 池田誠慈, Jul. 16, 2015)
ミシシッピアカミミガメ(成体)の腹甲.淡黄色の地に暗緑色の複雑な斑紋が入る.(広島県三原市明神; 撮影: 池田誠慈, Jul. 16, 2015)
黒化したミシシッピアカミミガメのオス(左).オスは前肢の爪が長くなる(黒矢印).(広島県三原市沼田東町; 撮影: 池田誠慈, Sep. 5, 2015)
ミシシッピアカミミガメの幼体.甲羅が円い.(広島県竹原市忠海東町; 撮影: 池田誠慈, Apr. 4, 2018)
ミシシッピアカミミガメ(オス).捕まると口を大きく開けて威嚇する.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 岩﨑元道, Oct. 8, 2019)

目次

ミシシッピアカミミガメ Trachemys scripta elegans

分類

動物界 Animalia > 脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 爬虫綱 Reptilia > カメ目 Testudines > ヌマガメ科 Emydidae > アカミミガメ属 Trachemys > アカミミガメ Trachemys scripta > ミシシッピアカミミガメ Trachemys scripta elegans

解説

  • 北アメリカから南アメリカ原産の外来種.
  • 本州・四国・九州・沖縄島・小笠原父島に定着.
  • 広島県では,市街地の公園の池や堀,河川に生息している.耐塩性があり,塩分の混ざる河口域でも見られることがある.
  • 甲は緩やかなドーム状で,背甲には弱い1本の隆条があり,後縁には弱い鋸歯がある.
  • 幼体は,頭部や四肢などの軟部と背甲がほぼ同じ黄緑色で,その地色に複雑な黄色の模様が入り,側頭部には鮮やかな赤色の斑紋が入る.そのため「ミドリガメ」と呼ばれペットショップで流通している.
  • 腹甲は淡黄色の地に暗緑色の複雑な斑紋が入る.
  • 幼体の頃の鮮やかな体色は成長につれて徐々に退色・黒化し,斑紋も不明瞭になる.
  • 成熟したオスは前肢の爪が長く伸びる.
  • オスの尾はメスに比べて太く長く,総排出腔はより尾の先端側に位置するが,尾による雌雄の区別はクサガメニホンイシガメよりも難しい.
  • 幼体は主に水生昆虫などの小動物を食べ,成長すると水草などの植物も食べるようになるという.
  • かつて要注意外来生物に指定されており,生態系被害防止外来種リストの作成により,総合対策外来種(カテゴリ:緊急対策外来種)に指定された.

天然記念物・RDB

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • みどりがめ

英名

  • red-eared slider

広島県方言

関連ページ

参考文献

  • 比婆科学教育振興会(編). 1996. 広島県の両生・爬虫類. 168 pp. 中国新聞社, 広島. ISBN 978-4885172298.
  • 千石正一(編). 原色両生・爬虫類. 206 pp. 家の光協会, 東京.
  • 安川雄一郎. 1996. ミシシッピアカミミガメ. 日本動物大百科 5, pp. 61, 63. 平凡社, 東京.

インターネットリソース


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県の爬虫類 > ミシシッピアカミミガメ | 広島県の動物図鑑 / 和名順 にもどる