「マンサク科」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
29行目: 29行目:
  
 
----
 
----
[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~main/mainpage デジタル自然史博物館] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~main/ 植物] / [[郷土の植物|郷土の植物]] / [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]] にもどる
+
[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~main/ デジタル自然史博物館] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~main/ 植物] / [[郷土の植物|郷土の植物]] / [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]] にもどる
  
 
[[Category:植物]]
 
[[Category:植物]]

2014年6月21日 (土) 22:10時点における版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > マンサク科 | 広島県の植物図鑑 / 和名順

マンサク科 Hamamelidaceae

特徴

  • 日本には,マンサク属やマルバノキ属などが分布.
  • 世界の熱帯から暖帯にかけて分布し,27属約90種が知られる.
  • 新エングラー分類体系ではバラ目に,クロンキスト分類体系ではマンサク目に置かれていた.現在のAPG II(2003)の植物分類体系では,ユキノシタ目Saxifragalesに置かれている.
  • 本科には狭い地域に隔離分布するものが多い.
  • 街路樹に使われるフウやアメリカフウなどもマンサク科.

広島県から報告されているもの

文献(出典)

文献(参考)

  • Simpson, M. G. 2006. Plant Systematics. -xi + 590 pp. Elsevier Academic Press, San Diego.

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる