マルバノキ 広島大学東広島キャンパス

2020年11月12日 (木) 10:08時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版 (→‎解説)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
紅葉したマルバノキ(ベニマンサク)(植栽)(広島県東広島市鏡山 東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Sep. 9, 2016)
マルバノキ(ベニマンサク)の冬芽(植栽)(広島県東広島市鏡山 東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Feb. 22, 2017)
マルバノキ(ベニマンサク)の花(植栽)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 松坂啓佑, Nov. 29, 2019)

マルバノキ(ベニマンサク)(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Disanthus cercidifolius Maxim.

分類

  • マンサク科 Hamamelidaceae

分布

東広島キャンパスでの花期

  • 11月

解説

  • マンサク科の落葉低木.
  • 冬季の11月に花をつける.
  • 文学部周辺と生態実験園に植栽されている.
  • 生態実験園の中ほどに植栽されているものは花をつける.由来は,豊原源太郎先生が木曽赤沢産のものを挿し木したもの.
  • 広島県内では,廿日市市大野町のおおの自然観察の森の「ベニマンサク群叢」は,広島県の天然記念物に指定されている.

関連ページ

ギャラリー


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > マルバノキ