マメザクラ 廣島大學櫻曼荼羅

提供: 広島大学デジタル博物館
2021年5月10日 (月) 15:48時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版 (→‎基本データ)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 廣島大學櫻曼荼羅‎ > マメザクラ


マメザクラ Cerasus incisa (Thunb.) Loisel. var. incisa

マメザクラ(Mamezakura 豆桜) :C. incisa var. incisa

別名

  • フジザクラ(富士桜)

解説

  • 野生種
  • 植栽
  • 東広島キャンパスには6品種の園芸品種あり
    • '黄金葉'
    • '湖上の舞'
    • 'さきがけ'
    • '招福'
    • '春霞'
    • '桃の里'

広島大学内での生育場所

  • 東福利会館南(野生種,東広島キャンパス)
  • 東広島植物園(6品種の園芸品種)

由来

マメザクラ(豆桜)

基本データ

和名・品種名
豆桜
読み
マメザクラ
開花期
花弁数
サイズ
樹形
場所
植物園 -> 東福利会館南で発見か
本数(野生種)
1(2019年4月1本導入したが枯死.2021年4月19日に東福利会館南で本変種らしきサクラを発見)
本数(園芸品種)
6(2021年5月10日導入)

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 廣島大學櫻曼荼羅‎ > マメザクラ