「マムシグサ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
35行目: 35行目:
  
 
== 文献(出典)==
 
== 文献(出典)==
# 広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(編).  1997.  広島県植物誌.  Pp. 832.  中国新聞社, 広島.
+
* 呉市教育委員会(1970),河毛(1974),土井(1983),井波(1985),関ほか(1994),渡辺ほか(1996),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)
# 呉市教育委員会 1970
 
# 河毛 1974
 
# 土井 1983
 
# 井波 1985
 
# 関ほか 1994
 
# 渡辺ほか 1996
 
 
----
 
----
 
[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] / [[郷土の植物|郷土の植物]] / [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]] にもどる
 
[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] / [[郷土の植物|郷土の植物]] / [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]] にもどる

2010年8月7日 (土) 13:34時点における版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > マムシグサ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

マムシグサ Arisaema serratum (Thunb.) Schott

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 単子葉植物綱 Monocotyledoneae > サトイモ科 Araceae > テンナンショウ属 Arisaema

解説

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 佐伯町悪谷(yy-9429),広島市宇賀峡(yy-10538),三良坂町矢田(yy-10623),湯来町大峯山(yy-10896),豊平町竜頭山(yy-6531),甲山町男鹿山(yy-7196),吉田町郡山(yy-4057),吉和村東山(yw-5014),三段峡(yw-5113),庄原市大黒目山(yw-4964),廿日市市明石(hh-6102),吉舎町安田(yw-7632),総領町稲草(kk-119),熊野町中倉山(mt-15199),本郷町用倉(yy-12817),比婆山(yy-1340),上蒲刈島(mt-15079),宮島(rn-6157),口和町宮内(hn-919),新市町金丸(sf-5446),神之瀬峡(mt-17582),高野町神之瀬湖(yw-11057),甲奴町品の滝(ns-2153),世羅町新山(ns-1543),尾道市鉢ヶ峰(yk-6872),御調町菅(yk-7345),三原市八幡町(sf-152),府中市久佐町(sf-242),豊松村(sf-353),神石郡三和町時安(sf-880),上下町岳山(yk-8524)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • ムラサキマムシグサ

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 73170

文献(出典)

  • 呉市教育委員会(1970),河毛(1974),土井(1983),井波(1985),関ほか(1994),渡辺ほか(1996),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる