マテバシイ

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > マテバシイ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

マテバシイ(植栽)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 30, 2016)
マテバシイ(広島県東広島市鏡山 東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Sep. 29, 2017)
マテバシイの葉(広島県東広島市鏡山 東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Sep. 29, 2017)
マテバシイの堅果(けんか)(広島県東広島市鏡山 広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 30, 2016)
マテバシイの堅果(けんか)と殻斗(かくと)(広島県東広島市鏡山 広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Dec. 13, 2016)
マテバシイの樹皮(広島県東広島市鏡山 東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Feb. 22, 2017)

マテバシイ Lithocarpus edulis (Makino) Nakai

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > ブナ科 Fagaceae > マテバシイ属 Lithocarpus

解説

  • 暖地に生える常緑高木.広島県内に自生はない.
  • 街路樹や公園樹として沿岸部に植栽され,稀に逸出.
  • 萌芽性が強く伐採後の成長が早いため,以前は海苔篊(ひび)や薪炭材などに利用する場所もあった.薪炭林として利用されていた場所では,根元から株立ちした樹形のものがみられる.関東では防風のため植栽されて屋敷林として利用される場所もある.
  • マテバシイシリブカガシ堅果(またはドングリ果)は,内部で種子が成長しなくても成長する.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 関東以西の暖地で広くみられるが,本来の自生は地は九州・琉球と考えられている(四国を含む文献あり).

産地

天然記念物

標本

  • 広島市比治山公園(in-81),廿日市市住吉(hu-14),尾道市鳴滝山(yy-12993)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • マテバ

英名

広島県方言

備考

文献(出典)

  • 広島市植物公園(1994),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)

関連ページ


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる