マガリケムシヒキ 広島大学東広島キャンパス

2018年7月13日 (金) 17:45時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > マガリケムシヒキ

木の枝にとまるマガリケムシヒキ(成虫).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Apr. 30, 2018)
後頭部を拡大すると,毛がほぼ直角に折れ曲がっていることが確認できる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Apr. 30, 2018)

マガリケムシヒキ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Neoitamus angusticornis

分類

  • ムシヒキアブ科 Asilidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州.

解説

  • 後頭部から生える毛が折れ曲がっていることが和名の由来.
  • キャンパス内での個体数は多い.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > マガリケムシヒキ