ホルトノキ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
2021年1月25日 (月) 13:00時点におけるStudent06 (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動
ホルトノキ(広島県東広島市鏡山 東広島キャンパス文学部棟付近; 撮影: 中村 創, Jan. 25, 2021)
ホルトノキの葉(広島県東広島市鏡山 東広島キャンパス文学部棟付近; 撮影: 中村 創, Jan. 25, 2021)

ホルトノキ(東広島キャンパスの植物)

和名

学名

  • Elaeocarpus zollingeri K.Koch

分類

  • ホルトノキ科 Elaeocarpaceae

分布

  • 本州(千葉県南部以西)・四国・九州・琉球の暖帯から亜熱帯にかけて広く分布する.
  • 基準変種は中国大陸南部や台湾からインドシナに分布する.

東広島キャンパスの花期

  • 調査中

特徴

  • ホルトノキ科の常緑高木.樹皮は淡灰褐色で,平滑または不規則に裂ける.
  • 葉は多少枝先に集まってつき,互生する.葉は無毛.
  • 花期は6-7月で,花弁は白色.
  • 果実は状楕円形で,はじめは緑色で,のちに黒紫色になる.
  • 東広島キャンパスでは,文学部東に植栽されている.

ギャラリー


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの植栽 > ホルトノキ