ホソヘリカメムシ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
2020年10月20日 (火) 12:13時点におけるRNanba (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ホソヘリカメムシ

ホソヘリカメムシの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 22, 2020)
ホソヘリカメムシの幼虫.カメムシである証拠として,口吻がある(矢印).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 3, 2020)
ホソヘリカメムシの幼虫.若齢幼虫はアリにそっくりである.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 7, 2019)

ホソヘリカメムシ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Riptortus pedestris

分類

  • ヘリカメムシ科 Coreidae

分布

  • 日本全国.

解説

  • 茶褐色で細長いヘリカメムシ.
  • 幼虫はアリに酷似している.
  • アレチヌスビトハギヤブツルアズキなどマメ科の汁を好んで吸い,ダイズなど栽培品種にも見られる.
  • 驚いたときに臭腺からやや不快な臭いの分泌液を出す.
  • キャンパス内での個体数は多い.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ホソヘリカメムシ