「ホソバウマノスズクサ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
 
(1人の利用者による、間の1版が非表示)
13行: 13行:
  
 
== 解説==
 
== 解説==
<!--この植物の解説・写真等をここに記入します -->
+
*[[オオバウマノスズクサ]]にも細葉の型がみられることがしられており,広島県のものはそれに該当すると考えられる.
<!--=DESCRIPTION ここから (DO NOT REMOVE THIS LINE この行を消さないでください) -->
+
*上記理由により,最近はホソバウマノスズクサの和名は用いられない傾向にある.
 +
*[[Ohi-Toma_Toma-Watanabe_Murata_Murata_2014|Ohi-Toma et al.(2014)]]および渡邉-東馬・大井-東馬(2016)によれば,広島県で[[ホソバウマノスズクサ]]の記録があるが,[[ホソバウマノスズクサ]]の標本採集地の実生を栽培し花を確認したところ,[[オオバウマノスズクサ]]であった.
  
 
<!--=END ここまで (DO NOT REMOVE THIS LINE この行を消さないでください) -->
 
 
=== 花期 ===
 
=== 花期 ===
  
40行: 39行:
 
== 文献(出典)==
 
== 文献(出典)==
 
* 府中町生物実態調査団(1988),関ほか(1994),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)
 
* 府中町生物実態調査団(1988),関ほか(1994),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)
 +
 +
== 文献(引用)==
 +
* [[Ohi-Toma_Toma-Watanabe_Murata_Murata_2014|Ohi-Toma, T., Watanabe-Toma, K., Murata, H. & Murata, J.  2014.  Morphological variations of ''Aristolochia kaempferi'' and ''A. tanzawana'' (''Aristolochiaceae'') in Japan.  J. Jpn. Bot. 89(3): 152-163.]]
 +
*[[渡邉-東馬・大井-東馬_2016|渡邉-東馬加奈・大井-東馬哲雄.  2016.  日本産オオバウマノスズクサ群の分類学史およびオオバウマノスズクサとアリマウマノスズクサの混同について.  Bunrui 16(2): 131-151.]]
 +
 
----
 
----
 
[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] / [[郷土の植物|郷土の植物]] / [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]] にもどる
 
[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] / [[郷土の植物|郷土の植物]] / [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]] にもどる

2019年11月20日 (水) 07:28時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ホソバウマノスズクサ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

ホソバウマノスズクサ Aristolochia onoei Fr. & Sav.

シノニム

その他

  • Aristolochia onoei Franch. et Savat.(広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会 1997で採用.)

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > ウマノスズクサ科 Aristolochiaceae > ウマノスズクサ属 Aristolochia

解説

  • オオバウマノスズクサにも細葉の型がみられることがしられており,広島県のものはそれに該当すると考えられる.
  • 上記理由により,最近はホソバウマノスズクサの和名は用いられない傾向にある.
  • Ohi-Toma et al.(2014)および渡邉-東馬・大井-東馬(2016)によれば,広島県でホソバウマノスズクサの記録があるが,ホソバウマノスズクサの標本採集地の実生を栽培し花を確認したところ,オオバウマノスズクサであった.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 府中町水分峡(hh-5537),廿日市市四季ケ丘(yw-8102)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • アリマウマノスズクサ

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 19680

文献(出典)

  • 府中町生物実態調査団(1988),関ほか(1994),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)

文献(引用)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる