ブリ

2020年4月10日 (金) 17:17時点におけるStudent02 (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「<span style="font-size:10">[http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > メインページ > 魚類図鑑 > ブリ ...」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

デジタル自然史博物館 > メインページ > 魚類図鑑 > ブリ / 分類 / 和名順 / 学名順

ブリ(鹿児島県口永良部島; 撮影: 高柳)

ブリ

分類

脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 硬骨魚綱 Osteichthyes > 条鰭亜綱 Actinopterygii > スズキ目 Perciformes > スズキ亜目 Percoidei > アジ科 Carangidae

解説

  • 北海道南部~九州に至る中層に棲息する代表的な沿岸性回遊魚.
  • 紡錘形の体型で,体色は背側が青緑色で腹側は銀色,体側の中軸に1本の黄色縦帯を持つ.
  • ヒラマサ」に非常によく似るが,上顎上後端が角張ることと腹鰭が短いことなどで区別される.
  • 西日本を中心に養殖が盛んに行われており,2~6月にかけて「モジャコ」と呼ばれる浮遊稚魚を漁獲しその種苗とする.
  • 天然魚は定置網や巻網などで漁獲され,船釣りや磯釣りの対象魚としても人気が高く,刺身・塩焼き・照焼きなどで美味.
  • 体長1.2 mほどにまで成長する.

天然記念物・RDB

  • 該当なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

関連ページ

参考文献

  • 中坊徹次(編). 2013. 日本産魚類検索 全種の同定, 3版. xlix + xxxii + xvi + 2428 pp. 東海大学出版会, 秦野.



デジタル自然史博物館 > メインページ > 魚類図鑑 > ブリ/ 分類 / 和名順 / 学名順