「ヒレハリソウ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
(4人の利用者による、間の8版が非表示)
1行目: 1行目:
= ヒレハリソウ =
+
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] > [[郷土の植物|郷土の植物]] > [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] > [[ヒレハリソウ]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]]</span>
  
''Symphytum'' ''officinale'' L.
+
= ヒレハリソウ ''Symphytum officinale'' L.=
  
ムラサキ科
+
== シノニム ==
 +
=== その他 ===
 +
* [[Symphytum_officinale|''Symphytum officinale'' Linn.]]([[広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会_1997|広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会 1997]]で採用.)
  
 +
== 分類 ==
 +
種子植物門 Spermatophyta
 +
> 被子植物亜門 Angiospermae
 +
> 双子葉植物綱 Dicotyledoneae
 +
> [[ムラサキ科|ムラサキ科 Boraginaceae]]
 +
> [[ヒレハリソウ属|ヒレハリソウ属 ''Symphytum'']]
  
 
== 解説==
 
== 解説==
<!--この植物の解説・写真等をここに記入します -->
+
* もとは牧草としてヨーロッパから明治時代に導入されたものであるが,近年,コンフリーと称して薬用や食用として栽培されている.
<!--=DESCRIPTION ここから (DO NOT REMOVE THIS LINE この行を消さないでください) -->
+
* 太刀掛(1982)はオオハリソウ(S. asperum Lepech.)を報告しているが,本種との関係はむつかしく,いわゆるコンフリーはヒレハリソウとオオハリソウとの雑種との説もある.
 +
* 広島県に帰化しているものは,一応,ヒレハリソウにあてておく.
  
 +
=== 花期 ===
  
<!--=END ここまで (DO NOT REMOVE THIS LINE この行を消さないでください) -->
+
== 分布・産地・天然記念物 ==
 +
=== 分布 ===
 +
=== 産地 ===
 +
=== 天然記念物 ===
  
== 慣用名==
+
== 標本 ==
コンフリー
+
* 広島市古川(rn-8231),熊野町萩原(mt-13443),呉市塩焼(mt-12180),三原市中之町(yk-8995),尾道市梶山田(yk-7828)
 +
 
 +
== 慣用名・英名・広島県方言 ==
 +
=== 慣用名 ===
 +
* コンフリー
 +
 
 +
=== 英名 ===
 +
=== 広島県方言 ===
  
 
== 備考==
 
== 備考==
20行目: 40行目:
 
* 帰化
 
* 帰化
  
 +
== 文献(出典)==
 +
* 安藤ほか(1977),橋本ほか(1980),太刀掛(1982),関ほか(1983b),渡辺ほか(1996),[[広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会_1997|広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)]]
  
== 文献(出典)==
+
== 引用文献 ==
* 広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(編)1997広島県植物誌Pp. 832. 中国新聞社, 広島.
+
*[[太刀掛_1982|太刀掛 優1982広島県の帰化植物日本生物教育会広島大会「広島の生物」編集委員会(編), 広島の生物, pp. 113–126. 第一法規出版中国支社, 広島.]]
 +
----
 +
[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] / [[郷土の植物|郷土の植物]] / [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]] にもどる
 +
 
 +
[[Category:植物]]
 +
[[Category:広島県の植物]]
 +
[[Category:S]]
 +
[[Category:ヒ]]
 +
[[Category:維管束植物]]
 +
[[Category:被子植物]]
 +
[[Category:双子葉植物]]
 +
[[Category:ムラサキ科]]
 +
[[Category:標準和名]]
 +
[[Category:ブルーリスト]]

2018年12月17日 (月) 22:29時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ヒレハリソウ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

ヒレハリソウ Symphytum officinale L.

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > ムラサキ科 Boraginaceae > ヒレハリソウ属 Symphytum

解説

  • もとは牧草としてヨーロッパから明治時代に導入されたものであるが,近年,コンフリーと称して薬用や食用として栽培されている.
  • 太刀掛(1982)はオオハリソウ(S. asperum Lepech.)を報告しているが,本種との関係はむつかしく,いわゆるコンフリーはヒレハリソウとオオハリソウとの雑種との説もある.
  • 広島県に帰化しているものは,一応,ヒレハリソウにあてておく.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 広島市古川(rn-8231),熊野町萩原(mt-13443),呉市塩焼(mt-12180),三原市中之町(yk-8995),尾道市梶山田(yk-7828)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • コンフリー

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 47534
  • 帰化

文献(出典)

引用文献


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる