ヒラベッコウ類 広島大学東広島キャンパス

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ヒラベッコウ類

ヒラベッコウ類.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 17, 2023)
ヒラベッコウ類.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 6, 2023)
ヒラベッコウ類.外套膜が殻の一部を覆う.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 24, 2021)
ヒラベッコウ類.殻の一部を外套膜が覆う.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 17, 2023)

ヒラベッコウ類(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • ヒラベッコウ類

学名

  • Bekkochlamys sp.

分類

  • ベッコウマイマイ科 Helicarionidae

分布

  • 本州,四国,九州.

解説

  • 殻径8-9 mm,殻高5 mmほどのマイマイ.
  • 円盤状でべっ甲色の殻をもち,表面に強い光沢がある.
  • 湿潤な林床の落葉や倒木,石の下に生息する.
  • 東広島キャンパス内では山中谷川などに生息する.
  • 環境省RLで情報不足(DD)に選定されている.

備考

参考文献

  • 武田晋一・西 浩孝. 2015. カタツムリ ハンドブック. 128 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ヒラベッコウ類