「ヒメホシカメムシ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
(相違点なし)

2020年10月20日 (火) 11:34時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ヒメホシカメムシ

ヒメホシカメムシの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 11, 2020)

ヒメホシカメムシ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Physopelta parviceps

分類

  • オオホシカメムシ科 Largidae

分布

  • 本州,四国,九州,南西諸島.

解説

  • 林床を歩いていることが多い.
  • 植物質を好み,特にアカメガシワの花や果実に集まる.
  • オオホシカメムシに似るが,本種のほうが15mm以下と一回り小さく,胸部がややくびれ,黒い円紋が4つ並ぶ.
  • キャンパス内での個体数は多い.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ヒメホシカメムシ