ヒメニラ

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ヒメニラ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

ヒメニラ Allium monanthum Maxim.

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 単子葉植物綱 Monocotyledoneae > ユリ科 Liliaceae > ネギ属 Allium

解説

広島県の本種は,1985年に桑田健吾・武子によって三良坂町で,三上幸三によって八千代町で発見された.典型的な春植物で,花期は3月下旬から4月上旬である.三良坂町天「ヒメニラ」(全域).

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 三良坂町大谷(ts-855015),総領町御調谷(yw-8138),八千代町五郎丸(ts-850405)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • ヒメビル

英名

広島県方言

備考

  • 広島県RDBカテゴリ: 準絶滅危惧(NT)
  • 環境庁コード: 61360

文献(出典)

  • 井波(1988),関ほか(1996),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる