「ヒメナガニジゴミムシダマシ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
3行目: 3行目:
 
[[ファイル: 20180607ヒメナガニジゴミムシダマシ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_10974s.jpg|200px|thumb|right|ヒメナガニジゴミムシダマシの成虫.硬質菌の生える朽ち木に多い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 7, 2018)]]
 
[[ファイル: 20180607ヒメナガニジゴミムシダマシ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_10974s.jpg|200px|thumb|right|ヒメナガニジゴミムシダマシの成虫.硬質菌の生える朽ち木に多い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 7, 2018)]]
 
[[ファイル: 20190628ヒメナガニジゴミムシダマシ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_61227s.jpg|200px|thumb|right|ヒメナガニジゴミムシダマシの成虫.キノコを食べる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 28, 2019)]]
 
[[ファイル: 20190628ヒメナガニジゴミムシダマシ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_61227s.jpg|200px|thumb|right|ヒメナガニジゴミムシダマシの成虫.キノコを食べる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 28, 2019)]]
 +
[[ファイル: 20200921ヒメナガニジゴミムシダマシ幼虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_141308s.jpg|200px|thumb|right|ヒメナガニジゴミムシダマシの幼虫.[[モンキゴミムシダマシ_広島大学東広島キャンパス|モンキゴミムシダマシ]]の成虫も確認できる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 21, 2020)]]
  
 
=ヒメナガニジゴミムシダマシ(広島大学東広島キャンパス)=
 
=ヒメナガニジゴミムシダマシ(広島大学東広島キャンパス)=

2020年10月19日 (月) 02:10時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ヒメナガニジゴミムシダマシ

ヒメナガニジゴミムシダマシの成虫.硬質菌の生える朽ち木に多い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 7, 2018)
ヒメナガニジゴミムシダマシの成虫.キノコを食べる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 28, 2019)
ヒメナガニジゴミムシダマシの幼虫.モンキゴミムシダマシの成虫も確認できる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 21, 2020)

ヒメナガニジゴミムシダマシ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Ceropria induta

分類

  • ゴミムシダマシ科 Tenebrionidae

分布

  • 本州,四国,九州,南西諸島.

解説

  • 油膜のような虹色の光沢を放つゴミムシダマシ.
  • 鞘翅には深い点刻が並び,筋のようになっている.
  • 枯れ木の上で見られる.
  • 類似種が多い.
  • 東広島キャンパスでの個体数は多い.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ヒメナガニジゴミムシダマシ