ヒメトラノオ

2010年10月29日 (金) 13:40時点におけるHirahara (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ヒメトラノオ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

ヒメトラノオ Pseudolysimachion rotundum (Nakai) Holb. var. subintegrum (Nakai) Yamaz. f. petiolatum (Nakai) Yamaz.

シノニム

  • Pseudolisimachion rotundum (Nakai) Yamazaki var. subintegrum (Nakai) Yamazaki f. petiolatum Yamazaki(広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会 1997で採用.)

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > ゴマノハグサ科 Bignoniaceae > ルリトラノオ属 Pseudolisimachion

解説

  • 広島県からホソバヒメトラノオ[P. linearifolium (Pall.) Holb.]と報告されたもの(秋山・広瀬 1974,土井 1983)はヒメトラノオであろう.
  • ヒメトラノオの花冠は深く裂け,筒部は1/6くらいであるが,ホソバヒメトラノオは浅く裂け,1/2くらいである.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県では,吉備高原面にきわめて稀に分布し,渓谷や湿原に生育している.個体数が少なく,花が美しいので,厳重に保護する必要がある.

産地

天然記念物

標本

  • 東城町(um-11761),豊松村(ts-860823)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • ヒメトラ

英名

広島県方言

備考

  • 広島県RDBカテゴリ: 絶滅危惧Ⅰ類(CR+EN)
  • 環境庁コード: 51000
  • 県RDB

文献(出典)

  • 河毛(1974),井波(1981),土井(1983),関・吉野(1987),山下(1988),広島県(1995),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)

引用文献

  • 秋山豪爾郎・広瀬繁登.1974. 採集記.比婆科学 99: 27.
  • 土井美夫. 1983. 広島県植物目録. 148 pp. 博新館, 広島.

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる