「ヒメカマキリ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
1行目: 1行目:
 +
[[ファイル: 20200913ヒメカマキリ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_139469s.jpg|200px|thumb|right|ヒメカマキリの成虫(オス)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 13, 2020)]]
 +
[[ファイル: 20201006ヒメカマキリ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_156807s.jpg|200px|thumb|right|ヒメカマキリの成虫(オス)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 6, 2020)]]
 +
[[ファイル: 20191009ヒメカマキリ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_81783s.jpg|200px|thumb|right|ヒメカマキリの成虫(オス).飛翔性が高く,灯りにもしばしば飛来する.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 9, 2019)]]
 +
[[ファイル: 20181110ヒメカマキリ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_25193s.JPG|200px|thumb|right|ヒメカマキリの成虫(メス).日当たりの良い低木上で2個体を確認することができた.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 10, 2018)]]
 +
[[ファイル: 20201009ヒメカマキリ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_157248s.jpg|200px|thumb|right|ヒメカマキリの成虫(メス)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 9, 2020)]]
 +
[[ファイル: 20191030ヒメカマキリ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_88688s.jpg|200px|thumb|right|ヒメカマキリの成虫(メス).日当たりの良い場所に多い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 30, 2019)]]
 
[[ファイル: 20040925ヒメカマキリ成虫メス_広島県下蒲刈町.jpg|200px|thumb|right|ヒメカマキリの成虫(メス).(広島県下蒲刈町, Sep. 25, 2004)]]
 
[[ファイル: 20040925ヒメカマキリ成虫メス_広島県下蒲刈町.jpg|200px|thumb|right|ヒメカマキリの成虫(メス).(広島県下蒲刈町, Sep. 25, 2004)]]
  

2020年10月19日 (月) 14:38時点における最新版

ヒメカマキリの成虫(オス)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 13, 2020)
ヒメカマキリの成虫(オス)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 6, 2020)
ヒメカマキリの成虫(オス).飛翔性が高く,灯りにもしばしば飛来する.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 9, 2019)
ヒメカマキリの成虫(メス).日当たりの良い低木上で2個体を確認することができた.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 10, 2018)
ヒメカマキリの成虫(メス)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 9, 2020)
ヒメカマキリの成虫(メス).日当たりの良い場所に多い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 30, 2019)
ヒメカマキリの成虫(メス).(広島県下蒲刈町, Sep. 25, 2004)
  • 本州(静岡以西),四国,九州に分布.
  • 体長24~35 mm.
  • 林縁のかん木に生息.
  • 成虫期9~11月.
  • 日本固有種.