「ヒダサンショウウオ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
26行: 26行:
  
 
== 備考 ==
 
== 備考 ==
 +
* [[広島県の有尾類]]
  
 
== 文献(引用) ==
 
== 文献(引用) ==

2015年7月7日 (火) 00:11時点における版

広島大学 > 広島大学デジタル博物館 > デジタル自然史博物館

目次

ヒダサンショウウオ Hynobius kimurae

分類

動物界 Animalia > 脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 両生綱 Amphibia > 有尾目 Caudata > サンショウウオ科 Hynobiidae > サンショウウオ属 Hynobius

解説

天然記念物・RDB

  • 環境省RDBカテゴリ:絶滅危惧II類 (VU)
  • 広島県RDBカテゴリ(2011):絶滅危惧II類 (VU)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

  • Hida salamander

広島県方言

  • なし(ブチサンショウウオの幼生地方名「かく」と混用)

備考

文献(引用)

  • 比婆科学教育振興会(編). 1996. 広島県の両生・爬虫類. 168 pp. 中国新聞社, 広島. ISBN 978-4885172298.
  • 岩沢久彰. 1985. ヒダサンショウウオの新潟県における分布. 両生爬虫類研究会誌 32: 1-4.
  • 佐藤井岐雄. 1943. 日本産有尾類総説. 536 pp. 日本出版社, 大阪.
  • 千石正一(編). 原色両生・爬虫類. 206 pp. 家の光協会, 東京.
  • 内藤順一・田村龍弘. 1996. 広島県芸北町の両生類. 高原の自然史 pp. 247-279. 芸北町教育委員会.
  • 中村健児・上野俊一. 1963. 原色日本両生爬虫類図鑑. 214 pp. 保育社, 大阪.
  • 宇都宮妙子・宇都宮泰明・大川博志・内藤順一. 1996. 広島県灰塚ダム周辺地域の両生類. 灰塚の自然. 177-215. 建設省.
  • 宇都宮妙子・宇都宮泰明. 1998. 広島県高野町の両棲類. 広島県高野町の自然誌. pp. 265-299. 比婆科学教育振興会.

更新履歴

  • 2015.07.01 ページ作成.

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 動物 / 郷土の動物 / サンショウウオ | 広島県の動物図鑑 / 和名順 にもどる