ヒサマツミドリシジミ

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 動物総合ページ > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > 広島県のチョウ > ヒサマツミドリシジミ| 広島県の動物図鑑 / 和名順

ヒサマツミドリシジミ Chrysozephyrus hisamatsusanus

分類

節足動物門 Arthropoda > 昆虫綱 Insecta > チョウ目 Lepidoptera > アゲハチョウ上科 Papilionoidea > シジミチョウ科 Lycaenidae > シジミチョウ亜科 Lycaeninae > ミドリシジミ族 Theclini > メスアカミドリシジミ属 Chrysozephyrus > ヒサマツミドリシジミ Chrysozephyrus hisamatsusanus

解説

  • 日本固有種.
  • 本州(西南部),四国,九州に生息する.
  • 年1回の発生.6月~7月に出現する.
  • 食草はウラジロガシなど(ブナ科).
  • 越冬態は卵.

天然記念物・RDB

  • 特になし.

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • 特になし.

英名

広島県方言

  • 特になし.

備考

文献(引用)

  • 白水 隆. 2006. 日本産蝶類標準図鑑. 336 pp. 学習研究社, 東京.
  • 日本蝶類保全協会(編). 2019. フィールドガイド 日本のチョウ, 増補改訂版. 343 pp. 誠文堂新光社, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 動物総合ページ > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > 広島県のチョウ > ヒサマツミドリシジミ| 広島県の動物図鑑 / 和名順