ハルハラタケ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
2024年3月26日 (火) 17:33時点におけるStudent03 (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの菌類 > ハルハラタケ

ハルハラタケ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 岩﨑元道, Mar. 6, 2020)
ハルハラタケの裏面.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 岩﨑元道, Mar. 26, 2024)

ハルハラタケ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • ハルハラタケ

学名

  • Agaricus aestivalis var. veneris

分類

  • ハラタケ科 Agaricaceae

解説

  • 早春に発生する大型のハラタケ類.
  • 東広島キャンパスでは,日当たりのよい斜面の芝生上などで確認した.
  • 肉質はかたくしっかりしていて,ハラタケよりも頑丈な印象を受ける.
  • ひだの色は幼菌時淡い桃色だが,成熟した菌では黒ずむ.

備考

参考文献

  • 今関六也・大谷吉雄・本郷次雄(編著). 2011. 山溪カラー名鑑 日本のきのこ, 増補改訂新版. 山と溪谷社, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの菌類 > ハルハラタケ