「ハルニレ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
(文献(出典))
35行: 35行:
  
 
== 文献(出典)==
 
== 文献(出典)==
* [[土井_1983|土井(1983)]],[[吉野_1989|吉野(1989)]],関ほか(1996),[[広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会_1997|広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)]]
+
* [[土井_1983|土井(1983)]],[[吉野_1989|吉野(1989)]],[[関ほか_1996|関ほか(1996)]],[[広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会_1997|広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)]]
  
 
== 引用文献 ==
 
== 引用文献 ==

2019年7月22日 (月) 20:09時点における版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ハルニレ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

ハルニレ Ulmus japonica (Rehd.) Sargent.

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > ニレ科 Ulmaceae > ニレ属 Ulmus

解説

中国山地の渓谷に分布するが少ない.枝に褐色のコルク質の発達したものをコブニレ[f. suberosa (Turcz.) Nakai]といい,県内から土井(1983)の報告がある.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 吉和村瀬戸滝(yy-9904),猿政山(yy-6129),東城町三国山(mt-8033),三良坂町長沢(ts-55089),高野町木地山川(yy-12751),神之瀬峡(mt-7288),比和町釜峯山(kk-2847),比婆山(ts-75)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • ニレ

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 12280

文献(出典)

引用文献

  • 土井美夫. 1983. 広島県植物目録. 148 pp. 博新館, 広島.

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる