「ハモ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
(他の1人の利用者による、間の1版が非表示)
3行目: 3行目:
 
[[ファイル: 2005Sepハモ_愛媛県今治市_松本撮影_hamo.JPG|200px|thumb|right|ハモ(愛媛県今治市; 撮影: 松本,Sep., 2005)]]
 
[[ファイル: 2005Sepハモ_愛媛県今治市_松本撮影_hamo.JPG|200px|thumb|right|ハモ(愛媛県今治市; 撮影: 松本,Sep., 2005)]]
  
=ハモ =
+
=ハモ ''Muraenesox cinereus''=
 
==分類==
 
==分類==
 
脊索動物門 Chordata  
 
脊索動物門 Chordata  
11行目: 11行目:
 
> ウナギ目 Anguilliformes
 
> ウナギ目 Anguilliformes
 
> ハモ科 Muraenesocidae
 
> ハモ科 Muraenesocidae
 +
> ハモ属 Muraenesox
 +
> ハモ ''Muraenesox cinereus''
  
 
==解説==
 
==解説==
 +
*水深120 m以浅.
 +
*青森県深浦・川内・牛滝(稀),新潟県佐渡~・福島県~九州南岸の各地沿岸(瀬戸内海を含む),東シナ海大陸棚.国外では朝鮮半島西岸・南岸,遼寧省~広西省の中国沿岸,海南島,台湾,ピーター大帝湾(稀),インド-西大西洋(紅海~フィリピン諸島・アラフラ海;オーストラリアは北岸のみ),マリアナ諸島(稀).
 
*青森県以南の砂泥底に棲息する.
 
*青森県以南の砂泥底に棲息する.
*体長は2.2 mほどにまで成長し,近縁種の「スズハモ」とは吻の形状・側線の開口数などにより区別される.
+
*近縁種の「スズハモ」とは吻の形状・側線の開口数などにより区別される.
 +
*体長は2.2 mほどにまで成長する.
 
*延縄や底曳網により漁獲され,「骨切り」した後鍋物・酢の物・吸い物などで賞味される.
 
*延縄や底曳網により漁獲され,「骨切り」した後鍋物・酢の物・吸い物などで賞味される.
 +
 
==天然記念物・RDB==
 
==天然記念物・RDB==
 
*該当なし
 
*該当なし

2020年7月3日 (金) 18:09時点における最新版

デジタル自然史博物館 > メインページ > 魚類図鑑 > ハモ / 分類 / 和名順 / 学名順

ハモ(愛媛県今治市; 撮影: 松本,Sep., 2005)

ハモ Muraenesox cinereus

分類

脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 硬骨魚綱 Osteichthyes > 条鰭亜綱 Actinopterygii > ウナギ目 Anguilliformes > ハモ科 Muraenesocidae > ハモ属 Muraenesox > ハモ Muraenesox cinereus

解説

  • 水深120 m以浅.
  • 青森県深浦・川内・牛滝(稀),新潟県佐渡~・福島県~九州南岸の各地沿岸(瀬戸内海を含む),東シナ海大陸棚.国外では朝鮮半島西岸・南岸,遼寧省~広西省の中国沿岸,海南島,台湾,ピーター大帝湾(稀),インド-西大西洋(紅海~フィリピン諸島・アラフラ海;オーストラリアは北岸のみ),マリアナ諸島(稀).
  • 青森県以南の砂泥底に棲息する.
  • 近縁種の「スズハモ」とは吻の形状・側線の開口数などにより区別される.
  • 体長は2.2 mほどにまで成長する.
  • 延縄や底曳網により漁獲され,「骨切り」した後鍋物・酢の物・吸い物などで賞味される.

天然記念物・RDB

  • 該当なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

関連ページ

参考文献

  • 中坊徹次(編). 2013. 日本産魚類検索 全種の同定, 3版. xlix + xxxii + xvi + 2428 pp. 東海大学出版会, 秦野.



デジタル自然史博物館 > メインページ > 魚類図鑑 > ハモ/ 分類 / 和名順 / 学名順