ハナカイドウ 広島大学東広島キャンパス

ハナカイドウの花(植栽)(広島県東広島市鏡山 東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Apr. 6, 2019)
ハナカイドウの花(植栽)(広島県東広島市鏡山 東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Apr. 6, 2019)
ハナカイドウのがく片(広島県東広島市鏡山 東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Apr. 6, 2019)
ハナカイドウの花柄.長く下に垂れる.(広島県東広島市鏡山 東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Apr. 6, 2019)

ハナカイドウ(東広島キャンパスの植物)

和名

  • ハナカイドウ(花海棠)

別名

  • スイシカイドウ(垂糸海棠)

学名

  • Malus halliana Koehne

シノニム

分類

  • バラ科 Rosaceae

分布

  • 中国原産

東広島植物園での花期

  • 4月

特徴

  • バラ科の落葉高木.
  • 単に「カイドウ」といわれる場合は本種のことを指すことが多い.
  • 花が美しく,美人の形容に使われる花.
  • ミカイドウに比べ花柄が長く垂れ下がることからスイシカイドウ(垂糸海棠)の別名がある.
  • 東広島キャンパスでは,東広島植物園入口や法学部・経済学部周辺に植栽されている.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの植栽 > ハナカイドウ