ハウチワカエデ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
2021年11月4日 (木) 15:22時点におけるHNakamura (トーク | 投稿記録)による版
ナビゲーションに移動検索に移動
ハウチワカエデ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 中村 創, Jun. 25, 2021)
ハウチワカエデの葉(広島県東広島市鏡山; 撮影: 中村 創, Jun. 25, 2021)

ハウチワカエデ(東広島キャンパスの植物)

日本語 / English / 中文

日本語

和名 Japanese name

学名

  • Acer japonicum Thunb.

分類

  • ムクロジ科 Sapindaceae

分布

  • 北海道・本州の山地

東広島キャンパスの花期

  • 調査中

解説

  • ムクロジ科の落葉高木.
  • 葉は対生で,掌状に9~11浅裂し,重鋸歯がある
  • 若い葉の裏には白い毛が密生するが,成長するとなくなる.
  • 葉柄は短い.
  • 葉の形が天狗などが持つうちわに例えられた.
  • 東広島キャンパスでは総合科学部付近に植栽されている.

English

English name

Scientific name

Taxonomy

Distribution

Flowering season

Notes

中文

中文名 Chinese name

科学名称

分类

分布

解说

ギャラリー Gallery 画廊


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの植栽 > ハウチワカエデ