ノビタキ 宮島

提供: 広島大学デジタル博物館
2015年10月12日 (月) 09:23時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/digital.htm 広島大学デジタル博...」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > 広島大学デジタル博物館 > デジタル自然史博物館

ノビタキ(廿日市市宮島町; 撮影: 熊谷美登)

ノビタキ Saxicola torquatus stejnegeri

分類

動物界 Animalia > 脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 鳥綱 Aves > スズメ目 Passeriformes > ヒタキ科 Muscicapidae > ノビタキ属 Saxicola > ノビタキ(種) Saxicola torquatus > ノビタキ(亜種) Saxicola torquatus stejnegeri

解説

  • 全長130mmと小さな野鳥で,オスは頭部から背と翼が黒色で翼には白斑があり,胸は赤褐色をしている.メスは全体が褐色で地味な色をしている.
  • 日本では関東以北の草原で繁殖していて,北海道では特に多く見られる.
  • その他の地域では,春秋の渡り期に旅鳥として通過していくのが見られる.
  • 宮島にも毎年春は4月中旬頃と秋の9月下旬から10月にかけて包ヶ浦・大砂利・多々良などの開けた畑地で見られる.
  • 数は多く見られないが,5~6羽の少群で採餌していることがある.
  • 1984年は広島の県北で,日本野鳥の会会員によって繁殖が確認されていて,広島県が繁殖地の南限として一躍脚光を浴びてきている.
  • 宮島では春と秋に通過するのが見られる.4月中旬夏羽に衣替えしたオスを見れるのはこの時期だけで,秋9月から10月中旬に見られるのは,冬羽の地味な個体.しかし秋の方が数は多い.

(資料提供: 熊谷美登(厳島の鳥を知る会)/写真撮影: 熊谷美登)

(1985年5月の広報みやじまに掲載されたものを一部改編)

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

文献(引用)

  • 日本鳥学会(編). 2012. 日本鳥類目録改訂第7版. xx + 438 pp. 日本鳥学会, 三田.

更新履歴


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 動物 / 郷土の動物 / 野鳥 | 広島県の動物図鑑 / 和名順 にもどる