ノウゼンカズラ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
2021年6月19日 (土) 08:36時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版 (→‎ギャラリー Gallery 画廊)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

ノウゼンカズラ(東広島キャンパスの植物)

日本語 / English / 中文

日本語

和名 Japanese name

学名

  • Campsis grandiflora (Thunb.) K.Schum

分類

  • ノウゼンカズラ科 Bignoniaceae

分布

  • 中国原産

東広島キャンパスの花期

  • 6月

解説

  • ノウゼンカズラ科の落葉藤本.
  • 葉は対生し,5-9枚の小葉からなる奇数羽状複葉.
  • 花は7-8月に咲き,漏斗型で径約6 cm.枝先の円錐花序に黄紅色の花をつける.

English

English name

Scientific name

Taxonomy

Distribution

Flowering season

Notes

中文

中文名 Chinese name

科学名称

分類

分布

東広島キャンパスの花期 Flowering season

解説

ギャラリー Gallery 画廊


広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの植栽 > ノウゼンカズラ