ネブトクワガタ 広島大学東広島キャンパス

2019年7月7日 (日) 10:36時点におけるRNanba (トーク | 投稿記録)による版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ネブトクワガタ

ネブトクワガタの成虫(オス).キャンパスではコナラの樹液に集まっている.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 20, 2019)
ネブトクワガタの成虫(オス).針葉樹の樹液にも集まるなど,他のクワガタには見られない生態をもつ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 28, 2019)

ネブトクワガタ

和名

学名

  • Aegus laevicollis

分類

  • クワガタムシ科 Lucanidae

分布

  • 本州,四国,九州,南西諸島.

解説

  • 照葉樹林や雑木林で見られるクワガタ.
  • オスメスともに,鞘翅には縦筋が入る.
  • クヌギの樹液に集まるがモミの樹液にも集まることもあり,キャンパスではケンポナシの樹液も吸っている.
  • 幼虫は,シロアリの分解によって生じるアカマツのフレークを食べることが知られている.
  • 東広島キャンパスでの個体数は多い.

備考

参考文献

  • 槐 真史・伊丹市昆虫館. 2013. ポケット図鑑日本の昆虫1400. 320 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ネブトクワガタ