ヌノサラシ

提供: 広島大学デジタル博物館
2020年3月6日 (金) 15:13時点におけるStudent02 (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「<span style="font-size:10">[http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > メインページ > 魚類図鑑 > ヌノサ...」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

デジタル自然史博物館 > メインページ > 魚類図鑑 > ヌノサラシ / 分類 / 和名順 / 学名順

ヌノサラシ(鹿児島県口永良部島; 撮影: 門田)

ヌノサラシ

分類

脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 硬骨魚綱 Osteichthyes > 条鰭亜綱 Actinopterygii > スズキ目 Perciformes > スズキ亜目 Percoidei > ハタ科 Serranidae

解説

  • 相模湾以南の岩礁域や珊瑚礁域に分布し,体長は25 cmほど.
  • 体側部に淡黄色縦帯が走ることが大きな特徴.
  • 皮膚から粘液毒(Grammistine)を分泌することが知られている.

天然記念物・RDB

  • 該当なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

関連ページ

参考文献

  • 中坊徹次(編). 2013. 日本産魚類検索 全種の同定, 3版. xlix + xxxii + xvi + 2428 pp. 東海大学出版会, 秦野.



デジタル自然史博物館 > メインページ > 魚類図鑑 > ヌノサラシ/ 分類 / 和名順 / 学名順