「ニホントカゲとニホンカナヘビの見分け方」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
17行目: 17行目:
 
2015.05.08 ページ作成
 
2015.05.08 ページ作成
  
 +
[[Category:動物]]
 
[[Category:広島県の動物]]
 
[[Category:広島県の動物]]
[[Category:広島県]]
 
[[Category:動物]]
 
[[Category:爬虫類]]
 
 
[[Category:P]]
 
[[Category:P]]
 
[[Category:T]]
 
[[Category:T]]
 
[[Category:ニ]]
 
[[Category:ニ]]
 +
[[Category:爬虫類]]
 +
[[Category:有鱗目]]
 +
[[Category:カナヘビ科]]
 +
[[Category:トカゲ科]]
 +
[[Category:広島県]]

2015年6月28日 (日) 21:46時点における版

広島大学 > 広島大学デジタル博物館 > デジタル自然史博物館

ニホントカゲ(幼体)(左)とニホンカナヘビ(右)

ニホントカゲとニホンカナヘビの見分け方

解説

  • ニホントカゲの幼体は黒地で頭部から尾部に向かって5本のすじ(縦帯)があり,尾が鮮やかな青色をしている.
  • ニホントカゲの鱗は金属光沢をもち滑らかであるが,ニホンカナヘビの鱗は光沢なくざらざらとしている.
  • ニホンカナヘビは全長に対して尾長が長い(ニホンカナヘビの尾長は全長の約2/3,ニホントカゲの尾長は全長の半分程度).

備考

文献(引用)

  • 比婆科学教育振興会(編). 1996. 広島県の両生・爬虫類. 168 pp. 中国新聞社, 広島. ISBN 978-4885172298.

更新履歴

2015.05.08 ページ作成