「ニホンアカガエル 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
2行目: 2行目:
  
 
[[ファイル:20160129ニホンアカガエル成体オス_東広島市鏡山_神林千晶_IMG_2553.JPG|200px|thumb|right|ニホンアカガエル成体(オス).1月下旬頃,繁殖のために一斉に水辺に集まる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 神林千晶, Jan. 29, 2016)]]
 
[[ファイル:20160129ニホンアカガエル成体オス_東広島市鏡山_神林千晶_IMG_2553.JPG|200px|thumb|right|ニホンアカガエル成体(オス).1月下旬頃,繁殖のために一斉に水辺に集まる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 神林千晶, Jan. 29, 2016)]]
[[ファイル:20170129ニホンアカガエル成体 東広島市鏡山 神林撮影 IMG 4506.JPG|200px|thumb|right|ニホンアカガエル成体.産卵のため一斉に集まる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 神林千晶, Jan. 29, 2017)]]
 
[[ファイル: 20190125ニホンアカガエル成体オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_42950s.jpg|200px|thumb|right|ニホンアカガエル成体(オス)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jan. 25, 2019)]]
 
 
[[ファイル: 20200123ニホンアカガエル_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_102138s.jpg|200px|thumb|right|多数のニホンアカガエルのオスが一匹のメスをめぐって争う様子.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jan. 23, 2020)]]
 
[[ファイル: 20200123ニホンアカガエル_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_102138s.jpg|200px|thumb|right|多数のニホンアカガエルのオスが一匹のメスをめぐって争う様子.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jan. 23, 2020)]]
[[ファイル: 20190201ニホンアカガエル成体_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_43074s.jpg|200px|thumb|right|抱接中のニホンアカガエル(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Feb. 1, 2019)]]
 
[[ファイル:20170129ニホンアカガエル成体_東広島市鏡山_神林撮影_IMG_4531.JPG|200px|thumb|right|ニホンアカガエル産卵(広島県東広島市鏡山; 撮影: 神林千晶, Jan. 29, 2017)]]
 
[[ファイル: 20200122ニホンアカガエル_東広島市鏡山_柳撮影_22819s.jpg|200px|thumb|right|産卵・放精中のニホンアカガエル.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 柳拓明, Jan. 22, 2020)]]
 
[[ファイル: 20190203ニホンアカガエル産卵_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_43081s.jpg|200px|thumb|right|ニホンアカガエルの産卵.メスが産んだ卵にオスが放精している.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Feb. 3, 2019)]]
 
 
[[ファイル:20170113ニホンアカガエル卵隗_東広島市鏡山_塩路撮影_IMGP0033.JPG|200px|thumb|right|今シーズン初のニホンアカガエルの卵隗(広島県東広島市鏡山; 撮影: 塩路恒生, Jan. 13, 2017)]]
 
[[ファイル:20170113ニホンアカガエル卵隗_東広島市鏡山_塩路撮影_IMGP0033.JPG|200px|thumb|right|今シーズン初のニホンアカガエルの卵隗(広島県東広島市鏡山; 撮影: 塩路恒生, Jan. 13, 2017)]]
[[ファイル: 20190124ニホンアカガエル卵塊_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_42914s.jpg|200px|thumb|right|ニホンアカガエルの卵塊.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jan. 24, 2019)]]
+
 
[[ファイル: 20194124ニホンアカガエル卵塊_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_42907s.jpg|200px|thumb|right|ニホンアカガエルの卵塊.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jan. 24, 2019)]]
+
 
[[ファイル:20170228ニホンアカガエル幼生_広島県東広島市鏡山_神林撮影_IMG_4636.JPG|200px|thumb|right|ニホンアカガエル孵化直後幼生(広島県東広島市鏡山; 撮影: 神林千晶, Feb. 28, 2017)]]
 
[[ファイル:20170317ニホンアカガエル幼生_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_17761.JPG|200px|thumb|right|ふ化して間もないニホンアカガエルの幼生(オタマジャクシ)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Mar. 17, 2017)]]
 
[[ファイル:20160415ニホンアカガエル幼生_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_9350.JPG|200px|thumb|right|ニホンアカガエルの幼生(オタマジャクシ).背面に1対の点状斑紋がある.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Apr. 15, 2016)]]
 
[[ファイル:20180601ニホンアカガエル変態中_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_29682s.JPG|200px|thumb|right|変態中のニホンアカガエル(広島大学東広島キャンパス 生態実験園; 撮影: 池田誠慈, Jun. 1, 2018)]]
 
[[ファイル:20160610ニホンアカガエル幼体_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_11293.JPG|200px|thumb|right|ニホンアカガエル幼体(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jun. 10, 2016)]]
 
[[ファイル: 20190516ニホンアカガエル_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_52237s.jpg|200px|thumb|right|上陸したニホンアカガエルの幼体.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May. 16, 2019)]]
 
[[ファイル: 20180718ニホンアカガエル成体メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_15578s.JPG|200px|thumb|right|ササの上で佇むニホンアカガエル成体(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 18, 2018)]]
 
[[ファイル: 20190620ニホンアカガエル成体メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_57936s.jpg|200px|thumb|right|正面から見たニホンアカガエルの成体(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 20, 2019)]]
 
[[ファイル:20180527ニホンアカガエル成体メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_10491s.JPG|200px|thumb|right|非繁殖期のニホンアカガエル成体(メス)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 27, 2018)]]
 
[[ファイル:20160923ニホンアカガエル_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_14510.JPG|200px|thumb|right|非繁殖期のニホンアカガエル(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 23, 2016)]]
 
  
  
40行目: 24行目:
 
*1月下旬頃,繁殖のために一斉に水辺に集まる.構内では[[生態実験園]]や[[ふれあいビオトープ]]が好適な産卵場所となっている.
 
*1月下旬頃,繁殖のために一斉に水辺に集まる.構内では[[生態実験園]]や[[ふれあいビオトープ]]が好適な産卵場所となっている.
 
*水田の乾田化や水田放棄により産卵場所が減少傾向にあり,広島県および環境省のレッドデータブック(RDB)で準絶滅危惧(NT)に指定されている.
 
*水田の乾田化や水田放棄により産卵場所が減少傾向にあり,広島県および環境省のレッドデータブック(RDB)で準絶滅危惧(NT)に指定されている.
 +
 +
==ギャラリー==
 +
<gallery mode="nolines" widths="200" heights="200">
 +
ファイル:20170129ニホンアカガエル成体 東広島市鏡山 神林撮影 IMG 4506.JPG|200px|thumb|right|ニホンアカガエル成体.産卵のため一斉に集まる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 神林千晶, Jan. 29, 2017)
 +
ファイル: 20190125ニホンアカガエル成体オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_42950s.jpg|200px|thumb|right|ニホンアカガエル成体(オス)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jan. 25, 2019)
 +
ファイル: 20190201ニホンアカガエル成体_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_43074s.jpg|200px|thumb|right|抱接中のニホンアカガエル(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Feb. 1, 2019)
 +
ファイル:20170129ニホンアカガエル成体_東広島市鏡山_神林撮影_IMG_4531.JPG|200px|thumb|right|ニホンアカガエル産卵(広島県東広島市鏡山; 撮影: 神林千晶, Jan. 29, 2017)
 +
ファイル: 20200122ニホンアカガエル_東広島市鏡山_柳撮影_22819s.jpg|200px|thumb|right|産卵・放精中のニホンアカガエル.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 柳拓明, Jan. 22, 2020)
 +
ファイル: 20190203ニホンアカガエル産卵_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_43081s.jpg|200px|thumb|right|ニホンアカガエルの産卵.メスが産んだ卵にオスが放精している.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Feb. 3, 2019)
 +
ファイル: 20190124ニホンアカガエル卵塊_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_42914s.jpg|200px|thumb|right|ニホンアカガエルの卵塊.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jan. 24, 2019)
 +
ファイル: 20194124ニホンアカガエル卵塊_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_42907s.jpg|200px|thumb|right|ニホンアカガエルの卵塊.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jan. 24, 2019)
 +
ファイル:20170228ニホンアカガエル幼生_広島県東広島市鏡山_神林撮影_IMG_4636.JPG|200px|thumb|right|ニホンアカガエル孵化直後幼生(広島県東広島市鏡山; 撮影: 神林千晶, Feb. 28, 2017)
 +
ファイル:20170317ニホンアカガエル幼生_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_17761.JPG|200px|thumb|right|ふ化して間もないニホンアカガエルの幼生(オタマジャクシ)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Mar. 17, 2017)
 +
ファイル:20160415ニホンアカガエル幼生_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_9350.JPG|200px|thumb|right|ニホンアカガエルの幼生(オタマジャクシ).背面に1対の点状斑紋がある.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Apr. 15, 2016)
 +
ファイル:20180601ニホンアカガエル変態中_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_29682s.JPG|200px|thumb|right|変態中のニホンアカガエル(広島大学東広島キャンパス 生態実験園; 撮影: 池田誠慈, Jun. 1, 2018)
 +
ファイル:20160610ニホンアカガエル幼体_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_11293.JPG|200px|thumb|right|ニホンアカガエル幼体(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jun. 10, 2016)
 +
ファイル: 20190516ニホンアカガエル_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_52237s.jpg|200px|thumb|right|上陸したニホンアカガエルの幼体.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May. 16, 2019)
 +
ファイル: 20180718ニホンアカガエル成体メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_15578s.JPG|200px|thumb|right|ササの上で佇むニホンアカガエル成体(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 18, 2018)
 +
ファイル: 20190620ニホンアカガエル成体メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_57936s.jpg|200px|thumb|right|正面から見たニホンアカガエルの成体(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 20, 2019)
 +
ファイル:20160923ニホンアカガエル_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_14510.JPG|200px|thumb|right|非繁殖期のニホンアカガエル(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 23, 2016)
 +
</gallery>
  
 
==備考==
 
==備考==

2020年11月6日 (金) 17:25時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ニホンアカガエル

ニホンアカガエル成体(オス).1月下旬頃,繁殖のために一斉に水辺に集まる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 神林千晶, Jan. 29, 2016)
多数のニホンアカガエルのオスが一匹のメスをめぐって争う様子.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jan. 23, 2020)
今シーズン初のニホンアカガエルの卵隗(広島県東広島市鏡山; 撮影: 塩路恒生, Jan. 13, 2017)



ニホンアカガエル(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Rana japonica

分類

  • アカガエル科 アカガエル属

分布

  • 本州・四国・九州・壱岐・大隅諸島.八丈島には人為移入.

解説

  • 1月下旬頃,繁殖のために一斉に水辺に集まる.構内では生態実験園ふれあいビオトープが好適な産卵場所となっている.
  • 水田の乾田化や水田放棄により産卵場所が減少傾向にあり,広島県および環境省のレッドデータブック(RDB)で準絶滅危惧(NT)に指定されている.

ギャラリー

備考


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ニホンアカガエル