ニシズビロキマワリモドキ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
2022年5月28日 (土) 13:06時点におけるRNanba (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ニシズビロキマワリモドキ

ニシズビロキマワリモドキの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 26, 2021)

ニシズビロキマワリモドキ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Gnesis haagi

分類

  • ゴミムシダマシ科 Tenebrionidae

分布

  • 本州西部,四国,九州.

解説

  • ひょうたん型の体型をした小型のゴミムシダマシ.
  • 全体的にやや光沢があり,鞘翅には点刻列がある.
  • 主に森林に生息し,倒木下などに見られる.
  • 東広島キャンパスでの個体数は多い.

備考

参考文献


広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ニシズビロキマワリモドキ