「ナワシログミ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
29行目: 29行目:
 
[[Category:被子植物]]
 
[[Category:被子植物]]
 
[[Category:双子葉植物]]
 
[[Category:双子葉植物]]
 +
[[Category:バラ目]]
 +
[[Category:グミ科]]
 
[[Category:ナ]]
 
[[Category:ナ]]
 
[[Category:E]]
 
[[Category:E]]
 +
[[Category:植栽]]

2020年10月19日 (月) 16:28時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > ナワシログミ

ナワシログミの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Oct. 11, 2019)
ナワシログミCinnamomum camphora (L.) J.Presl 広島県東広島市鏡山 Hiroshima University, Higashi-hiroshima, Hiroshima, Japan(撮影: 坪田博美.March 23, 2016)
ナワシログミCinnamomum camphora (L.) J.Presl 広島県東広島市鏡山 Hiroshima University, Higashi-hiroshima, Hiroshima, Japan(撮影: 坪田博美.March 23, 2016)

ナワシログミ(広島大学東広島キャンパスの植物)

和名

学名

  • Elaeagnus pungens Thunb.

分類

  • グミ科グミ属 Elaeagnaceae

分布

  • 中部以西の本州・四国・九州.中国大陸.

花期

  • 10月

特徴

  • 常緑で,葉の裏面に星状毛が目立つ.和名は苗代を作る頃に果実が成熟することから.