「ナワシロイチゴ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
(2人の利用者による、間の6版が非表示)
1行目: 1行目:
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] > [[郷土の植物|郷土の植物]] > [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] > [[ナワシロイチゴ]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]]</span>
+
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] > [[郷土の植物|郷土の植物]] > [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] > [[ナワシロイチゴ]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]]</span>
  
= ナワシロイチゴ ''Rubus'' ''parvifolius'' L.=
+
[[ファイル:20200716ナワシロイチゴ果実_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_60062s.JPG|200px|thumb|right|ナワシロイチゴの果実(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jul. 16, 2020)]]
 +
[[ファイル:20190705ナワシロイチゴ果実_東広島市鏡山_池田撮影_P7051026s.JPG|200px|thumb|right|ナワシロイチゴの果実(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jul. 5, 2019)]]
 +
[[ファイル:20200602ナワシロイチゴ花_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_59143s.JPG|200px|thumb|right|ナワシロイチゴの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jun. 2, 2020)]]
 +
 
 +
= ナワシロイチゴ ''Rubus parvifolius'' L.=
  
 
== シノニム ==
 
== シノニム ==
21行目: 25行目:
 
*葉は複葉で,3または5枚の小葉からなる.小葉は頭小葉がやや大きくなり,縁には粗い鋸歯がある.全体に毛があるが,裏面は微細な毛で覆われ灰白色.軸や脈に棘がある.
 
*葉は複葉で,3または5枚の小葉からなる.小葉は頭小葉がやや大きくなり,縁には粗い鋸歯がある.全体に毛があるが,裏面は微細な毛で覆われ灰白色.軸や脈に棘がある.
 
*初夏に開花.花茎に数個の花をつける.花弁は5枚で,薄紫色.白色のものもある.開花しても花弁は完全には開かず,閉じた状態になる.
 
*初夏に開花.花茎に数個の花をつける.花弁は5枚で,薄紫色.白色のものもある.開花しても花弁は完全には開かず,閉じた状態になる.
*果実は熟すと明るい橙色で,可食.
+
*果実は熟すと橙色で,可食.生食またはジャムにする.
 
*和名は苗代(なわしろ)を作る頃に果実が成熟するため.
 
*和名は苗代(なわしろ)を作る頃に果実が成熟するため.
  
49行目: 53行目:
 
* 堀川ほか(1959),河毛(1974),土井(1983),鈴木・吉野(1986),渡辺ほか(1996),[[広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)|広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)]]
 
* 堀川ほか(1959),河毛(1974),土井(1983),鈴木・吉野(1986),渡辺ほか(1996),[[広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)|広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)]]
 
----
 
----
[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] / [[郷土の植物|郷土の植物]] / [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]] にもどる
+
[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] / [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] / [[郷土の植物|郷土の植物]] / [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]] にもどる
  
 +
[[Category:植物]]
 
[[Category:広島県の植物]]
 
[[Category:広島県の植物]]
 +
[[Category:R]]
 
[[Category:ナ]]
 
[[Category:ナ]]
 +
[[Category:維管束植物]]
 
[[Category:被子植物]]
 
[[Category:被子植物]]
 +
[[Category:バラ目]]
 
[[Category:バラ科]]
 
[[Category:バラ科]]
 +
[[Category:標準和名]]

2020年8月3日 (月) 13:59時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ナワシロイチゴ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

ナワシロイチゴの果実(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jul. 16, 2020)
ナワシロイチゴの果実(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jul. 5, 2019)
ナワシロイチゴの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jun. 2, 2020)

ナワシロイチゴ Rubus parvifolius L.

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > バラ科 Rosaceae > キイチゴ属 Rubus

解説

  • 半つる性の落葉小低木.
  • 日本,朝鮮半島,中国大陸,台湾に分布.
  • 陽当りの良い路傍や林縁,石垣,河岸などによく見られる.
  • 植物体全体に下向きの棘がある.
  • 葉は複葉で,3または5枚の小葉からなる.小葉は頭小葉がやや大きくなり,縁には粗い鋸歯がある.全体に毛があるが,裏面は微細な毛で覆われ灰白色.軸や脈に棘がある.
  • 初夏に開花.花茎に数個の花をつける.花弁は5枚で,薄紫色.白色のものもある.開花しても花弁は完全には開かず,閉じた状態になる.
  • 果実は熟すと橙色で,可食.生食またはジャムにする.
  • 和名は苗代(なわしろ)を作る頃に果実が成熟するため.

花期

  • 5-6月.

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 吉和村中津谷(um-11097),戸河内町打梨(yy-7287),福富町鷹ノ巣山(yy-7775),加計町温井(yy-6274),広島市桐原(yw-1476),府中町山田(mt-7305),呉市塩焼(mt-7491),東広島市馬木(km-3793),黒瀬町国近(km-3894),三良坂町大谷(yw-6664),熊野町榊森神社(mt-13361),安浦町塩谷(yy-12550),本郷町久渡瀬(yy-12825),廿日市市地御前(yw-9583),内海町横島(sf-2821),福山市竹ケ淵(sf-3753),比和町布見川(yy-14213),三原市筆影山(yk-4496),神之瀬峡(yw-11087),甲山町今高野山(ns-1436),世羅町戸張(ns-1205),向島(yk-5867),因島(yk-6001),倉橋島(sy-631),尾道市桑田(yk-6716),御調町小猿(yk-6969),油木町岩貝(sf-8114),口和町田口(kk-2425),久井町宇根山(sf-8869),上蒲刈島(mh-11231),新市町大佐山(gi-277),高野町高暮ダム(kk-3130),府中市箱田(yk-10482)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • ナワシロ
  • 苗代苺

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 27170

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる