ナツノハナワラビ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2010年3月23日 (火) 17:32時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

目次

ナツノハナワラビ Botrychium virginianum L.

ハナヤスリ科 ハナヤスリ科 Ophioglossaceae


解説

近い仲間に,晩秋から冬にかけて胞子葉をつけるフユノハナワラビがある.

シダの中では原始的と考えられて来たが,最近,維菅束の形態からハナヤスリの仲間を原裸子植物の直系の子孫と考える説もある.


慣用名

ナツハナワラビ

備考

  • 環境庁コード: 710


文献(出典)

  • 広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(編). 1997. 広島県植物誌. Pp. 832. 中国新聞社, 広島.