ナガサキアゲハ 広島大学東広島キャンパス

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ナガサキアゲハ

静止するナガサキアゲハの成虫(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 13, 2020)

ナガサキアゲハ

和名

学名

  • Papilio memnon

分類

  • アゲハチョウ科 Papilionidae

分布

  • 本州(関東以南),四国,九州,南西諸島

解説

  • オスは翅が全体的に黒い.
  • メスは前翅の基部に小さい赤斑があり,後翅中央に大きな白斑が並ぶ.
  • 雌雄ともに尾状突起をもたない.
  • 日中緩やかに飛翔し,クサギヒガンバナで吸蜜する.
  • 食草は,ユズ,ナツミカンなどの栽培ミカン類.
  • 東広島キャンパスでの個体数はふつう.

備考

参考文献

  • 日本チョウ類保全協会(編). 2012. フィールドガイド 日本のチョウ. 誠文堂新光社, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ナガサキアゲハ