「ドウダンツツジ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
(ページの作成:「=ドウダンツツジ(東広島キャンパスの植物)= 日本語 / English / 中文 ==日本語== ===和名 Japanese name…」)
 
 
17行目: 17行目:
 
*ツツジ科の落葉低木.
 
*ツツジ科の落葉低木.
 
*葉は枝先に集まって互生する.
 
*葉は枝先に集まって互生する.
*葉身は倒狭卵形,長さ2-3 cm,幅0.8-1.5 cm,縁に鉤状の細鋸歯があり,先はとがって先端に腺状突起があり,下部は次第に狭くなって葉柄につづく.表面は主脈上に細毛がある他は無毛,裏面は主脈の下部両側に軟毛が密生する.
+
*4-5月に枝先に1-5個の散形につけ,花は下向きにつく.
*4-5月枝先に1-5個の散形につけ,花は下向きにつく.
 
  
 
==English==
 
==English==

2021年1月3日 (日) 23:41時点における最新版

ドウダンツツジ(東広島キャンパスの植物)

日本語 / English / 中文

日本語

和名 Japanese name

学名

  • Enkianthus perulatus (Miq.) C.K.Schneid.

分類

  • ツツジ科 Ericaceae

分布

  • 本州(静岡県・愛知県・紀伊半島)・四国(高知県)・九州(鹿児島県)の山地の岩場に生え,台湾北部にも分布する.

東広島キャンパスの花期

  • 調査中

解説

  • ツツジ科の落葉低木.
  • 葉は枝先に集まって互生する.
  • 4-5月に枝先に1-5個の散形につけ,花は下向きにつく.

English

English name

Scientific name

Taxonomy

Distribution

Flowering season

Commentary

中文

中文名 Chinese name

科学名称

分類

分布

東広島キャンパスの花期 Flowering season

解説

ギャラリー Gallery 画廊


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > ドウダンツツジ