「トンガリササノハガイ」の版間の差分

(ページの作成:「<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館...」)
 
 
(同じ利用者による、間の2版が非表示)
3行目: 3行目:
 
[[ファイル:20180913トンガリササノハガイ_三原市大和町産_平山琢朗撮影_DSC_0039芦田川・トンガリササノハs.JPG|200px|thumb|right|トンガリササノハガイ(広島県三原市大和町芦田川水系産; 撮影: 平山琢朗, Sep. 13, 2018)]]
 
[[ファイル:20180913トンガリササノハガイ_三原市大和町産_平山琢朗撮影_DSC_0039芦田川・トンガリササノハs.JPG|200px|thumb|right|トンガリササノハガイ(広島県三原市大和町芦田川水系産; 撮影: 平山琢朗, Sep. 13, 2018)]]
  
=トンガリササノハガイ ''Lanceolaria grayii''=
+
=トンガリササノハガイ ''Lanceolaria grayana''=
== 分類 ==
+
==シノニム==
 +
*''Unio grayanus''
 +
*''Unio oxyrhyncha''
 +
*''Unio gladiolus''
 +
*''Unio acrorhyncha''
 +
*''Nodularia grayanus''
 +
*''Nodularia oxyrhyncha''
 +
*''Nodularia'' (''Lanceolaria'') ''bilirata''
 +
*''Lanceolaria grayana''
 +
*''Lanceolaria gladiolus''
 +
*''Lanceolaria oxyrhyncha''
 +
*''Lanceolaria bilirata''
 +
*''Lanceolaria acrorhyncha''
 +
*''Lanceolaria oxyrhyncha cuspidata''
 +
 
 +
==分類==
 
動物界 Animalia
 
動物界 Animalia
 
> 軟体動物門 Mollusca
 
> 軟体動物門 Mollusca
12行目: 27行目:
 
> イシガイ亜科 Unioninae
 
> イシガイ亜科 Unioninae
 
> ササノハガイ属 ''Lanceolaria''
 
> ササノハガイ属 ''Lanceolaria''
> トンガリササノハガイ ''Lanceolaria grayii''
+
> トンガリササノハガイ ''Lanceolaria grayana''
  
 
==解説==
 
==解説==
29行目: 44行目:
 
==慣用名・英名・広島県方言==
 
==慣用名・英名・広島県方言==
 
===慣用名===
 
===慣用名===
 +
*トンガリササノハ
 +
 
===英名===
 
===英名===
 
===広島県方言===
 
===広島県方言===

2019年7月6日 (土) 00:21時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の淡水産貝類 > トンガリササノハガイ | 広島県の動物図鑑 / 和名順 にもどる

トンガリササノハガイ(広島県三原市大和町芦田川水系産; 撮影: 平山琢朗, Sep. 13, 2018)

トンガリササノハガイ Lanceolaria grayana

シノニム

  • Unio grayanus
  • Unio oxyrhyncha
  • Unio gladiolus
  • Unio acrorhyncha
  • Nodularia grayanus
  • Nodularia oxyrhyncha
  • Nodularia (Lanceolaria) bilirata
  • Lanceolaria grayana
  • Lanceolaria gladiolus
  • Lanceolaria oxyrhyncha
  • Lanceolaria bilirata
  • Lanceolaria acrorhyncha
  • Lanceolaria oxyrhyncha cuspidata

分類

動物界 Animalia > 軟体動物門 Mollusca > 二枚貝綱 Bivalvia > イシガイ目 Unionoida > イシガイ科 Unionidae > イシガイ亜科 Unioninae > ササノハガイ属 Lanceolaria > トンガリササノハガイ Lanceolaria grayana

解説

  • 中国,ロシア沿海州,朝鮮半島,愛知県以西の本州,四国,九州に分布.
  • タイプ産地は中国.
  • 殻は極端に細長く大型で,通常は殻長15 cmを超えない.
  • 小川や用水路の砂礫や砂泥底に生息.移動能力は高いが移動することはあまりない.
  • 2年で性成熟する.寿命は10年ほどと言われている.
  • 妊卵期は春から夏にかけてで,幼生もこの時期に放出される.宿主はオイカワカワムツ,ヨシノボリで,主に鰓(えら)に寄生する.


天然記念物・RDB

  • 環境省RDB:準絶滅危惧(NT)
  • 広島県RDB2011:絶滅危惧II類(VU)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • トンガリササノハ

英名

広島県方言

備考

参考文献

  • 紀平 肇・松田征也・内山りゅう. 2003. 日本産淡水貝類図鑑(1)琵琶湖・淀川産の淡水貝類. 159 pp. ピーシーズ, 東京.
  • 近藤高貴. 2008. 日本産イシガイ目貝類図譜. 日本貝類学会特別出版物第3号, v + 69 pp.

更新履歴

  • 2019.07.03 ページ作成.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の淡水産貝類 > トンガリササノハガイ | 広島県の動物図鑑 / 和名順 にもどる