トビエイ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2019年6月3日 (月) 23:12時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

デジタル自然史博物館 > メインページ> 魚類図鑑 > トビエイ | 分類 / 和名順 / 学名順

トビエイ(愛媛県今治市; 撮影: 加村)


目次

トビエイ Myliobatis tobijei

シノニム

その他

分類

脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 軟骨魚綱 Chondrichthyes > 板鰓亜綱 Elasmobranchii > エイ区 Batoidea > エイ上目 Batidoidimorpha > トビエイ目 Myliobatiformes > トビエイ科 Myliobatididae > トビエイ属 Myliobatis > トビエイ Myliobatis tobijei

解説

  • 比較的沿岸性で多くは水深60 m以浅(12~333 m).
  • 北海道渡島半島~九州南岸の日本海・東シナ海・太平洋沿岸,瀬戸内海,小笠原諸島,沖縄島,東シナ海大陸棚縁辺~斜面域.国外では朝鮮半島南岸・東岸,中国渤海・黄海・東シナ海沿岸,台湾.
  • 青森県以南の砂泥底に棲息.体盤幅は約50 cm.
  • 体色は褐色で尾部に棘を持ち,近縁種のナルトビエイとは吻が短いことなどで区別される.
  • 定置網や底曳網などで漁獲されるが,一般に食用とはしない.

天然記念物・RDB

  • 該当なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

関連ページ

参考文献

  • 中坊徹次(編). 2013. 日本産魚類検索 全種の同定, 3版. xlix + xxxii + xvi + 2428 pp. 東海大学出版会, 秦野.

デジタル自然史博物館 > メインページ> 魚類図鑑 > トビエイ | 分類 / 和名順 / 学名順