「トノサマガエル 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
1行: 1行:
 
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの動物]] > [[トノサマガエル_広島大学東広島キャンパス|トノサマガエル]]
 
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの動物]] > [[トノサマガエル_広島大学東広島キャンパス|トノサマガエル]]
 +
 +
[[ファイル: 20200330トノサマガエル成体オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_105921s.jpg|200px|thumb|right|トノサマガエルの成体(オス).成熟したオスは繁殖期に体が黄土色になる(婚姻色).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Mar. 30, 2020)]]
 
[[ファイル:20170428トノサマガエル成体オス_東広島市西条_神林撮影_IMG_5018.jpg|200px|thumb|right|トノサマガエル成体.オスは繁殖期に婚姻色が現れる.(広島県東広島市西条; 撮影: 神林千晶, Apr. 28, 2017)]]
 
[[ファイル:20170428トノサマガエル成体オス_東広島市西条_神林撮影_IMG_5018.jpg|200px|thumb|right|トノサマガエル成体.オスは繁殖期に婚姻色が現れる.(広島県東広島市西条; 撮影: 神林千晶, Apr. 28, 2017)]]
 
[[ファイル: 20180809トノサマガエル幼体_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_16148s.JPG|200px|thumb|right|コナギ葉上のトノサマガエル(幼体).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 9, 2018)]]
 
[[ファイル: 20180809トノサマガエル幼体_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_16148s.JPG|200px|thumb|right|コナギ葉上のトノサマガエル(幼体).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 9, 2018)]]

2020年4月2日 (木) 10:06時点における版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > トノサマガエル

トノサマガエルの成体(オス).成熟したオスは繁殖期に体が黄土色になる(婚姻色).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Mar. 30, 2020)
トノサマガエル成体.オスは繁殖期に婚姻色が現れる.(広島県東広島市西条; 撮影: 神林千晶, Apr. 28, 2017)
コナギ葉上のトノサマガエル(幼体).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Aug. 9, 2018)
トノサマガエル幼体(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jul. 27, 2018)

目次

トノサマヒキガエル(東広島キャンパス)

和名

学名

  • Pelophylax nigromaculatus

分類

  • アカガエル科 トノサマガエル属

分布

  • 本州(関東平野,仙台平野を除く)・四国・九州に分布.国外では,朝鮮半島・中国・ロシア沿海州の一部に分布.

解説

  • キャンパスでの個体数は多くない.
  • 繁殖期は4月下旬~5月中旬の,田植えの準備がちょうど終わった頃.
  • 生態実験園では,2018年より繁殖が確認されている.
  • 広島県RDBカテゴリ(2011):準絶滅危惧(NT)

備考


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > トノサマガエル