「トゲヒシバッタ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館_広島大学総合博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
(ページの作成:「ファイル: 20181001トゲヒシバッタ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_21591s.jpg|200px|thumb|right|トゲヒシバッタの成虫.胸部から1対の...」)
 
1行目: 1行目:
 +
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの動物]] > [[トゲヒシバッタ_広島大学東広島キャンパス|トゲヒシバッタ]]</span>
 +
 
[[ファイル: 20181001トゲヒシバッタ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_21591s.jpg|200px|thumb|right|トゲヒシバッタの成虫.胸部から1対の鋭い突起が突き出ている.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 1, 2018)]]
 
[[ファイル: 20181001トゲヒシバッタ成虫_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_21591s.jpg|200px|thumb|right|トゲヒシバッタの成虫.胸部から1対の鋭い突起が突き出ている.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 1, 2018)]]
 +
 +
=トゲヒシバッタ(広島大学東広島キャンパス=
 +
==和名==
 +
*[[トゲヒシバッタ]]
 +
 +
==学名==
 +
*''Criotettix japonicus''
 +
 +
==分類==
 +
*ヒシバッタ科 Tetrigidae
 +
 +
==分布==
 +
*北海道(南部),本州,四国,九州,種子島
 +
 +
==解説==
 +
*水田脇や河川敷といった湿地に多い.
 +
*[[ハネナガヒシバッタ_広島大学東広島キャンパス|ハネナガヒシバッタ]]に似るが,胸部から一対のトゲが突出していることが特徴.
 +
*東広島キャンパスでは[[生態実験園]]に多い.
 +
 +
==備考==
 +
*[[東広島キャンパスの動物]]
 +
*[[トゲヒシバッタ|広島県のトゲヒシバッタの解説ページ]]
 +
 +
==参考文献==
 +
 +
----
 +
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[広島大学の自然]] > [[東広島キャンパスの動物]] > [[トゲヒシバッタ_広島大学東広島キャンパス|トゲヒシバッタ]]</span>
 +
 +
[[Category:動物]]
 +
[[Category:広島大学の自然]]
 +
[[Category:広島大学]]
 +
[[Category:広島大学植物園]]
 +
[[Category:C]]
 +
[[Category:ト]]
 +
[[Category:虫]]
 +
[[Category:昆虫]]
 +
[[Category:バッタ目]]
 +
[[Category:直翅目]]
 +
[[Category:ヒシバッタ科]]
 +
[[Category:広島県]]

2018年12月12日 (水) 17:56時点における版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > トゲヒシバッタ

トゲヒシバッタの成虫.胸部から1対の鋭い突起が突き出ている.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 1, 2018)

トゲヒシバッタ(広島大学東広島キャンパス

和名

学名

  • Criotettix japonicus

分類

  • ヒシバッタ科 Tetrigidae

分布

  • 北海道(南部),本州,四国,九州,種子島

解説

  • 水田脇や河川敷といった湿地に多い.
  • ハネナガヒシバッタに似るが,胸部から一対のトゲが突出していることが特徴.
  • 東広島キャンパスでは生態実験園に多い.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > トゲヒシバッタ