トガリツキミタケ 広島大学東広島キャンパス

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの菌類 > トガリツキミタケ

トガリツキミタケ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 岩﨑元道, Oct. 10, 2022)

トガリツキミタケ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • トガリツキミタケ

学名

  • Hygrocybe acutoconica f. japonica

分類

  • ヌメリガサ科 Hygrophoraceae

解説

  • アカヤマタケによく似た小型のきのこ.
  • 子実体の色は黄色から橙色をしており,透明感がある.
  • 傷つけても黒く変色しないので,アカヤマタケと識別できる.
  • 雨後の湿度が高い期間に林縁などでよく見られる.
  • 広島県RDBカテゴリ(2003):準絶滅危惧(NT)
  • 広島県RDBカテゴリ(2011):準絶滅危惧(NT)
  • 広島県RDBカテゴリ(2021):準絶滅危惧(NT)

備考

参考文献

  • 今関六也・大谷吉雄・本郷次雄(編著). 2011. 山溪カラー名鑑 日本のきのこ, 増補改訂新版. 山と溪谷社, 東京.

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの菌類 > トガリツキミタケ