トウネズミモチ 広島大学東広島キャンパス

広島県東広島市鏡山 Hiroshima University, Higashi-hiroshima, Hiroshima, Japan(撮影: 坪田博美.March 23, 2016)
トウネズミモチの花(植栽)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jul. 5, 2019)
トウネズミモチの花の拡大(植栽)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jul. 9, 2020)
トウネズミモチの果実(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Nov. 25, 2016)

トウネズミモチ(広島大学東広島キャンパスの植物)

日本語 / English / 中文

和名 Japanese name

学名

  • Ligustrum lucidum Aiton

分類

  • モクセイ科 Oleaceae

分布

  • 中国原産.明治期に日本に渡来.植栽され,各地で逸出.

東広島キャンパスの花期

  • 7月

特徴

  • 常緑樹で,葉が対生.類似種にネズミモチがある.
  • 鳥が果実を食べることで種子が散布され,逸出している.
  • ネズミモチの果実が長い楕円体になるのに対して,トウネズミモチは球形に近い点が異なる.また,トウネズミモチは葉が大きく,葉の裏から透かした際に葉脈が目立つ傾向がある点でも区別できる.

English

English name

  • glossy privet
  • tree privet
  • broad-leaf privet

Scientific name

  • Ligustrum lucidum Aiton

Taxonomy

  • Oleaceae

Distribution

  • Native to China and introduced into Japan during the Meiji era (1868-1912).
  • Planted at many places and sometimes escaping to the wild.

Flowering season

  • July

Notes

  • Evergreen tree with opposite leaf arrangement. Resemble Japanese privet L. japonicum.
  • Seeds are dispersed by birds eating the fruit.
  • Glossy privet has nearly globose fruit whereas Japanese privet has longer and prolate fruit. The two species can also be distinguished by larger leaves and more prominent veins when seen through the lower side of leaf in glossy privet.

中文

中文名 Chinese name

  • 高杆女贞

科学名

  • Ligustrum lucidum Aiton

分类

  • 木犀科 Oleaceae

分布

  • 原产于中国。 明治时期被带到日本。 在不同地区种植和逃出。

开花季节

  • 七月

解说

  • 常绿树种,叶片对生。 一个类似的物种是女贞。
  • 种子由吃果实的鸟类散布,导致其逃逸。
  • 和女贞的果实长而椭圆的不同,高杆女贞的果实则几乎是球形的。 它还可以通过其具有较大的叶子,和通过叶子的背面往往有更突出的脉络来区分。

ギャラリー Gallery 画廊

関連ページ


広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの植栽 > トウネズミモチ