「トウネズミモチ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
35行目: 35行目:
 
[[Category:シソ目]]
 
[[Category:シソ目]]
 
[[Category:モクセイ科]]
 
[[Category:モクセイ科]]
 +
[[Category:園芸]]
 
[[Category:植栽]]
 
[[Category:植栽]]
[[Category:園芸]]
 

2020年10月19日 (月) 16:25時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > トウネズミモチ

トウネズミモチの花(植栽)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jul. 5, 2019)
トウネズミモチの花の拡大(植栽)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Jul. 9, 2020)
広島県東広島市鏡山 Hiroshima University, Higashi-hiroshima, Hiroshima, Japan(撮影: 坪田博美.March 23, 2016)
トウネズミモチの果実(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Nov. 25, 2016)

トウネズミモチ(広島大学東広島キャンパスの植物)

和名

学名

  • Ligustrum lucidum Aiton

分類

  • モクセイ科 Oleaceae

分布

  • 中国.明治期に日本に渡来し,植栽され,各地で逸出.

花期

特徴

  • 常緑樹で,葉が対生.類似種にネズミモチがある.
  • 鳥が果実を食べることで種子が散布され,逸出している.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > トウネズミモチ