「ツマリマツカサ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索
(ページの作成:「<span style="font-size:10">[http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > メインページ > 魚類図鑑 > クロオ...」)
 
 
1行: 1行:
<span style="font-size:10">[http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[魚類図鑑]] > [[クロオビマツカサ]] / [[魚類図鑑_分類|分類]] / [[魚類図鑑/和名順/ブロック|和名順]] / [[魚類図鑑/学名順/ブロック|学名順]] </span>
+
<span style="font-size:10">[http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[魚類図鑑]] > [[ツマリマツカサ]] / [[魚類図鑑_分類|分類]] / [[魚類図鑑/和名順/ブロック|和名順]] / [[魚類図鑑/学名順/ブロック|学名順]] </span>
  
 
[[ファイル:2005Octツマリマツカサ_鹿児島県悪石島_清水撮影_tumarimatsukasa.JPG|200px|thumb|right|ツマリマツカサ(鹿児島県悪石島; 撮影: 清水, Oct., 2005)]]
 
[[ファイル:2005Octツマリマツカサ_鹿児島県悪石島_清水撮影_tumarimatsukasa.JPG|200px|thumb|right|ツマリマツカサ(鹿児島県悪石島; 撮影: 清水, Oct., 2005)]]
  
=クロオビマツカサ =
+
=ツマリマツカサ =
 
==分類==
 
==分類==
 
脊索動物門 Chordata  
 
脊索動物門 Chordata  
30行: 30行:
  
 
----
 
----
<span style="font-size:10">[http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[魚類図鑑]] > [[クロオビマツカサ]]/ [[魚類図鑑_分類|分類]] / [[魚類図鑑/和名順/ブロック|和名順]] / [[魚類図鑑/学名順/ブロック|学名順]] </span>
+
<span style="font-size:10">[http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[魚類図鑑]] > [[ツマリマツカサ]]/ [[魚類図鑑_分類|分類]] / [[魚類図鑑/和名順/ブロック|和名順]] / [[魚類図鑑/学名順/ブロック|学名順]] </span>
  
 
[[Category:動物]]
 
[[Category:動物]]

2019年12月13日 (金) 16:52時点における最新版

デジタル自然史博物館 > メインページ > 魚類図鑑 > ツマリマツカサ / 分類 / 和名順 / 学名順

ツマリマツカサ(鹿児島県悪石島; 撮影: 清水, Oct., 2005)

目次

ツマリマツカサ

分類

脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 硬骨魚綱 Osteichthyes > 条鰭亜綱 Actinopterygii > キンメダイ目 Beryciformes > イットウダイ科 Holocentridae

解説

  • 土佐湾以南の珊瑚礁域に棲息し,体長は15 cmほど.
  • 体色は背側が赤色で腹側が白色,鰓蓋部に黒色斑を持ち背鰭膜の上縁部が濃赤色を呈することが大きな特徴.

天然記念物・RDB

  • 該当なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

関連ページ

参考文献

  • 中坊徹次(編). 2013. 日本産魚類検索 全種の同定, 3版. xlix + xxxii + xvi + 2428 pp. 東海大学出版会, 秦野.



デジタル自然史博物館 > メインページ > 魚類図鑑 > ツマリマツカサ/ 分類 / 和名順 / 学名順