チャガヤツリ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > チャガヤツリ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

チャガヤツリ Cyperus amuricus Maxim.

シノニム

  • Cyperus amuricus Maxim.
  • Cyperus x amuricocompressus T.Koyama

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 単子葉植物綱 Monocotyledoneae > カヤツリグサ科 Cyperaceae > カヤツリグサ属 Cyperus

解説

  • カヤツリグサ科Cyperaceaeカヤツリグサ属Cyperusの一年草
  • 花序枝が長く,先端にまとまって小穂をつける
  • 類似種にカヤツリグサコゴメガヤツリがある.もっとも形態が類似するカヤツリグサとは,鱗片の先がより突出する点や小穂が枝分かれせず先端にまとまる点で区別できる.また,類似種よりもやや乾燥した場所に生育する傾向があるが,混生する場合もある.

花期(果期)

  • 7-9月

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島市佐伯区

産地

天然記念物

標本

  • 広島市古川(rn-8729),宮島(ts-627),東広島市西条町(yy-7488),尾道市浦崎町(sf-2844),福山市赤坂町(sf-5200) 

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • チャカヤツリ

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 76420

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる