チャイロチビゲンゴロウ

提供: 広島大学デジタル博物館
2024年4月9日 (火) 17:19時点におけるTArimura (トーク | 投稿記録)による版 (→‎解説)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > デジタル自然史博物館 > 動物総合ページ > チャイロチビゲンゴロウ

チャイロチビゲンゴロウ(沖縄県八重山郡竹富町 石垣島; 撮影: 有村拓真, Mar. 21, 2024)

チャイロチビゲンゴロウ Allodessus megacephalus (Gschwendtner, 1931)

分類

節足動物門 Arthropoda > 昆虫綱 Insecta > コウチュウ目 Coleoptera > ゲンゴロウ科 Dytiscidae > ケシゲンゴロウ亜科 Hydroporinae > チャイロチビゲンゴロウ属 ‎Allodessus > チャイロチビゲンゴロウ Allodessus megacephalus

解説

  • 属名として当初 Bidessus (Sharp, 1882) 、その後 Liodessus Guignot, 1939 が使われた。両属名とも現在も有効名だが、ともに国内には分布しない。(基礎ゲンゴロウ学より)
  • 基部両側にある「ハ」の字型の縦満は深くて明瞭. チビゲンゴロウよりも大きい.

分布・産地・天然記念物・RDB

分布

産地

天然記念物・RDB

  • 該当なし

慣用名・英名

慣用名

英名

ギャラリー

関連ページ

インターネットリソース

参考文献

  • 三田村敏正・平澤 桂・寄居重幸. 2017. ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシ. 176 pp. 文一総合出版, 東京.
  • 中島 淳・林 成多・石田和男・北野 忠・吉富博之. 2020. ネイチャーガイド 日本の水生昆虫. 352 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > デジタル自然史博物館 > 動物総合ページ > チャイロチビゲンゴロウ